まるで親戚!ドリュー・バリモア、トム・ホランドの仕事と恋を大絶賛 
拡大する(全1枚)

 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の大ヒットや、共演するゼンデイヤとのロマンスで注目を集めているトム・ホランド。トーク番組が好調なドリュー・バリモアが、懐かしいツーショットを公開し、トムのキャリアやプライベートを絶賛した。

【写真】まだおぼこい感じのトム・ホランドがかわいい ドリュー・バリモアとの10年前の2ショット

 先週末、ドリューがインスタグラムに、10年前に撮影されたというトムとのツーショットを公開した。

 ドリューと写る赤いニットを着たトムは、今よりも初々しくて、かわいらしい印象。ドリューはこの写真に、「トム、あなたと会った時のことを覚えてるわ。2011年だったかな? すっかりあなたに夢中になったのよ」とコメント。

 続けて、「わたしはちょうどあなたの映画を観たあとで、わたしが監督するプロジェクトのミーティングに来てもらったのよね。類稀なる才能がある上に、すごく印象的で、すばらしい人だったのを覚えてる!」と当時を振り返った。

 「それが、すっかり成長しちゃって!すばらしい女性ゼンデイヤと恋に落ちて、そしてヒーローになったのね!スパイダーマンから、『リトル・ダンサー』の才能あるダンサー、そして『リップ・シンク・バトル』のパフォーマンスもすごかった。それで今度はフレッドアステアを演じる見込みですって???あなたに出来ないことなんて何もないわね!」と、まるで久しぶりに会った子どもの成長に驚いた親戚のように、トムの近況を絶賛した。

 そして最後は、「あなたと、あなたの大事な女性のご多幸をお祈りするわ。これからも応援するからね!!!!」と、ここでもまるで親戚のように、締めくくっている。

 トムの成長を喜んでいるのはドリューだけではないようで、コメント欄を見てみると、2012年の映画『インポッシブル』で共演したナオミ・ワッツが「彼は最高。それにとってもスウィートよ」と反応。ファッションエディターのデレク・ブラスバーグからも「全部同じ意見だよ」とコメントが寄せられている。

引用:「ドリュー・バリモア」インスタグラム(@drewbarrymore)