伊坂幸太郎のベストセラー小説『マリアビートル』(角川文庫刊)を、ブラッド・ピットを主演に迎えて映画化した『BULLET TRAIN(原題)』が、邦題を『ブレット・トレイン』として2022年に公開されることが決定。疾走する超高速鉄道の中で、ブラッドに殺し屋たちが次々と襲い掛かる予告映像と海外版ポスターが解禁された。



【動画】痛快アクションの予感! 『ブレット・トレイン』予告編

 日本が舞台となる本作は、新幹線に乗り合わせた殺し屋たちの任務と因縁が交錯するサスペンスフルなストーリーを、ハリウッドの一流キャスト&スタッフで実写化したアクション・エンタテインメント。『デッドプール2』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のデヴィッド・リーチ監督がメガホンをとる。

 予告映像は、そびえ立つ富士山や、ライトアップされた東京タワーなど東京の街並みも映し出される中、殺し屋(ブラッド)が新幹線の車内でコミカルな戦いを繰り広げる姿を収めたもの。久しぶりに任務に復帰した彼は、あるブリーフケースを盗むよう電話越しに謎の女性から指令を受ける。コインロッカーに用意されていた銃を敢えて受け取らず、「この仕事には良い運気を感じる」と意気込み超高速鉄道に飛び乗るが、偶然乗り合わせていた超クセの強い面々に命を狙われるはめに…。

 映像にはブラッドに加え、ジョーイ・キング(『キスから始まるものがたり』シリーズ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(『TENET テネット』)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(『エターナルズ』)、ザジー・ビーツ(『ジョーカー』)、ローガン・ラーマン(『フューリー』)、マイケル・シャノン(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)ら豪華キャストの姿が。


 さらに、アンドリュー・小路、歌手でラッパーのバッド・バニーことベニート・A・マルティネス・オカシオ、福原かれんのほか、真田広之も登場し「現在起きていることは全て過去に繋がっている。運命だ」とブラッドに意味深なセリフを放つ姿を見ることができる。

 海外版ポスターは、新幹線の車内販売スタッフにふんした福原が、血痕の付いた座席の横でにこやかに立つ姿が描かれたものとなっている。

 さらに今回、原作者の伊坂幸太郎氏から本作に寄せたコメントが到着。「何この日本!? と驚きつつ、豪華な俳優さんたちが活き活きと暴れていることに興奮しました! 暗い気持ちを吹き飛ばす楽しい映画になるのでは! と期待しちゃいます」と語っている。

 映画『ブレット・トレイン』は2022年公開。