2005年以来17年ぶりの上演となるミュージカル『シンデレラストーリー』の第一弾キャストが発表され、女優の加藤梨里香と水嶋凜がWキャストで主演を務めることがわかった。水嶋は女優で歌手の斉藤由貴の長女で、本作で初舞台となる。

【写真】Wキャストでシンデレラ役を務める「加藤梨里香」

 本作は、童話『シンデレラ』を子どもから大人まで楽しめるようにと鴻上尚史が書き下ろしたミュージカル作品。子どもに向けては、ファンタジーとしての物語の大筋は変えることなく、また大人に向けては、魔法が解けたのにどうしてガラスの靴だけはそのままだったのか、なぜ家事ばかりしていたシンデレラが華麗なダンスを踊れたのか、などリアルに考えたら避けては通れない問題に回答していく。

 2003年の初演では、シンデレラ役に新人・大塚千弘、王子役に井上芳雄のコンビを抜擢。2005年には王子役を浦井健治が引き継いで再演され、今秋17年ぶりの上演となる。

 今回の演出は、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』シリーズなどの2.5次元作品やノンバーバルパフォーマンスで注目を集め、21年には東京2020パラリンピック開会式の演出で世界に感動の渦を巻き起こしたウォーリー木下。音楽は初演、再演時と同様に松任谷由実コンサートの音楽監督で、一青窈今井美樹などの作品を手掛ける武部聡志。同じく作詞は、斉藤由貴が担当する。

 シンデレラ役には、舞台『アンチポデス』に出演中の加藤梨里香と、斉藤由貴の長女で新人女優の水嶋凜が決定。王子役は、一昨年のブロードウェイ・ミュージカル『プロデューサーズ』でレオ・ブルーム役を演じ、現在は日米に拠点を置いてハリウッド進出を目指す大野拓朗が務める。

 共演には、舞台『ピーター&ザ・スターキャッチャー』で主演を務めるなど、俳優としての顔も持つ声優入野自由、元宝塚歌劇団の彩吹真央、劇団四季、音楽座を経てミュージカル俳優として活動する吉野圭吾、俳優の佐藤アツヒロらが名を連ねた。

 なお、オールキャスト、シンデレラと王子役以外の配役は未定で、後日発表される。

 ミュージカル『シンデレラストーリー』は、東京、愛知、福岡、大阪にて今秋上演。