乃木坂46久保史緒里が、松本潤が主演を務めるNHK大河ドラマ『どうする家康』(NHK総合/2023年1月8日より毎週日曜20時ほか)に出演することが発表された。大河ドラマ初出演の久保は、岡田准一演じる信長の娘・五徳(ごとく)を演じる。



【写真】『どうする家康』“織田信長”岡田准一&“お市”北川景子ら、織田勢キャストの扮装姿公開

 第62作大河ドラマとなる本作は、脚本を映画『ALWAYS 三丁目の夕日』や、ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)などで知られる古沢良太が担当し、新たな視点で歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く物語。松本のほか、有村架純、岡田准一、松嶋菜々子山田孝之、北川景子、阿部寛、野村萬斎らそうそうたる実力派キャストが顔をそろえる。

 五徳は、幼くして家康の嫡男・信康(細田佳央太)のもとに嫁いだ、信長の娘。信長や市(北川景子)に似て気品にあふれ、気が強いが、心根は優しい。徳川家で幸せに暮らしていたが、信長からの密命で数奇な運命に巻き込まれる。

 久保は「初めての大河への出演が決まり、既に緊張しているのも事実ですが、非常にうれしいです」と喜びを語り、「信長の娘でありながら、徳川家に嫁いだ五徳の心の動きや揺らぎは、誰も知り得ない非常に興味深い部分でした。
父親の存在の大きさは計り知れないなと、彼女を見ていると思います。台本では、彼女の気の強さがうかがえる場面もありますが、その中にかならず存在する優しさを逃さずに伝えられるよう、精いっぱい努めさせていただきます」と話している。

 大河ドラマ『どうする家康』は、2023年1月8日より、NHK総合にて毎週日曜20時、NHK BSプレミアム・BS4Kにて同18時放送(初回15分拡大)。

※コメント全文は以下の通り。

<久保史緒里 コメント全文>

■演じる人物の印象はいかがですか?『どうする家康』出演への意気込みも含めてお願いいたします。

初めての大河への出演が決まり、既に緊張しているのも事実ですが、非常に嬉しいです。
信長の娘でありながら、徳川家に嫁いだ五徳の心の動きや揺らぎは、誰も知り得ない非常に興味深い部分でした。父親の存在の大きさは計り知れないなと、彼女を見ていると思います。台本では、彼女の気の強さが窺える場面もありますが、その中にかならず存在する優しさを逃さずに伝えられるよう、精一杯努めさせていただきます。

■初出演される大河ドラマ、どんなことが楽しみですか?

何もかもが初めてなので、全てが新鮮に楽しみです。特に、大河ならではの緊張感を存分に浴びたいと思っています。何よりも、家族が出来ることが嬉しいです。
戦国時代、団欒とした時間は決して長いわけではありませんが、だからこそ、家族と過ごす時間の温かみがより熱を帯びている気がします。そんな貴重な温かい時間を大切に、楽しみたいです。

■古沢良太さんの作品で好きなものがあれば、理由とともに教えてください。また『どうする家康』に関して楽しみにしていることがあればお願いいたします。

コンフィデンスマンシリーズをいつも楽しみに拝見しておりました。予想を大きく裏切る展開、仲間同士の固い絆、その中での腹の探り合い、最後までどうなるかわからないハラハラがとても好きで、『どうする家康』の台本を読みながらも、大まかな歴史の流れを知りながらも想像し得なかったことが起こる展開に、ドキドキ、ヒヤヒヤしながら読み進めていました。


■共演が楽しみな方がいらっしゃいましたら教えてください。

大先輩方の中、この作品に携わることができ、本当に有難く、光栄なことだと思っています。共演シーンの多い信康役、細田佳央太さんは、初めてご一緒させていただくので、妻・五徳として、支えとなる存在で居られるように、凛々しくいられたらと思っています。