実写版ゴジラの30作目『ゴジラ‐1.0(ゴジラマイナスワン)』のモノクロ映像版となる『ゴジラ‐1.0/C(ゴジラマイナスワン/マイナスカラー)』が、2024年1月12日より上映開始されることが決定。新ポスタービジュアルと新予告映像が解禁された。

併せて『ゴジラ‐1.0』および『ゴジラ‐1.0/C』の入場者特典の配布も決まった。

【動画】山崎貴監督「ドキュメンタリーの様な凄まじく恐ろしいゴジラが現れました」 『ゴジラ‐1.0/C』特報

 1954年に初めて姿を現して以来、日本のみならず世界中を魅了し、衝撃を与え続けてきた怪獣「ゴジラ」。そのゴジラ生誕70周年記念作品であり、日本で製作された実写版ゴジラの30作品目となる最新作『ゴジラ-1.0』が、2023年11月3日“ゴジラの日”に公開された。

 全国522館(ラージフォーマット含む)にて封切られた本作は、まさしく“ゴジラ級”の大ヒットを記録し、12月17日までの45日間で、観客動員287万人、興行収入44.2億円を突破。先日、「第48回報知映画賞 監督賞」を受賞したことでも大きな話題となった。

 そして北米では12月1日から公開が開始。
34年間破られなかった記録を公開5日間で更新し、歴代邦画実写作品の全米興収歴代1位に。現在、12月17日までの公開17日間で興収3441万ドルを突破。2023年に北米で公開された外国映画においても累計興収1位の記録を独走している。さらに、「シカゴ映画批評家協会賞最優秀視覚効果賞」、「ラスベガス映画批評家協会賞最優秀国際映画賞 最優秀ホラー/SF映画賞」を受賞し、その他数多くの海外映画賞にもノミネート。日本のゴジラがアメリカ全土で大快進撃中だ。

 そんな国内外からの大反響を受け、このたび、2024年1月12日より、モノクロ映像版となる『ゴジラ-1.0/C』の上映が決定。
全国340館で上映される。

 山崎貴監督が本作で目指した「怖いゴジラ」。その原点である『ゴジラ』(1954年)を彷彿とさせる世界観を体感できるモノクロ映像版。

 解禁されたポスタービジュアルでは、色のない世界でゴジラが街を破壊し、咆哮をあげるビジュアルになっている。色という情報がない分、ゴジラの精巧な造形が浮かび上がり、よりリアルに、より怖いゴジラと感じることができる。

 予告映像では、「臨時ニュースを申し上げます」から始まる、“初代ゴジラ”を彷彿させるような、ゴジラ上陸のアナウンスから始まり、暗闇の中のゴジラと目が合う恐怖、ゴジラによって銀座が破壊される脅威がモノクロ映像で描きだされ、より緊迫感を感じられる映像となっている。


 モノクロ映像版の制作について、山崎貴監督は「長い間作業してもらっていた『ゴジラ-1.0/C』を発表できることとなりました。ただモノクロにするのではなくそれこそカット単位で、新たな映画を創り上げるくらいの勢いでさまざまなマットを駆使しながら調整してもらいました。目指したのはモノクロ写真の名匠達が撮ったような画調。撮影されたデータに潜んでいた肌の質感や風景のディテールをこれでもかと発掘してもらいました。するとそこにはドキュメンタリーの様な凄まじく恐ろしいゴジラが現れました」とコメント。

 そして、「色を無くしたことで新たに迫ってくる現実感。
ぜひ劇場で更なる恐怖に生きて抗って下さい」と言葉を寄せている。

 さらに、『ゴジラ-1.0』および『ゴジラ-1.0/C』入場者特典の配布が決定。日本版&北米版のビジュアルをダブルA面でデザインした「70周年記念オリジナルアートボード」を、2024年1月12日より全国合計30万名限定で配布する。

 背ビレを神々しく光らせながらこちらを見据えるゴジラの日本版ビジュアルと、戦艦高雄を破壊して黒煙の中から巨大な姿を現すゴジラの北米版ビジュアルの両方をデザイン。日米で快進撃を続ける本作だからこその、B5サイズ・ダブルA面のオリジナルアートボードに。映画館でしか手に入らない、30万名様限定配布のプレミア特典になっている。


 映画『ゴジラ-1.0/C』は、2024年1月12日上映開始。映画『ゴジラ-1.0』は公開中。