役所広司主演映画『八犬伝』より、河合優実、立川談春、中村獅童、尾上右近の出演が決定。併せて追加キャストが躍動する場面カットが公開された。



【写真】尾上右近演じるお岩さんの姿も 映画『八犬伝』場面カット(3枚)

 本作は、山田風太郎の小説『八犬伝 上・下』(角川文庫刊)を映画化。里見家にかけられた呪いを解くため、運命に引き寄せられる若き8人の剣士たちの戦いをダイナミックに描く“虚”パートと、180話に及ぶ物語を悩み苦しみながら28年もの歳月をかけて書き上げた作家・滝沢馬琴の創作の真髄、そこで生まれた奇跡の実話を描いた“実”パートがシンクロする、エンターテインメント作品だ。

 “実”の世界で八犬伝の物語を生み出す人気作家・滝沢馬琴を役所広司、親友・葛飾北斎を内野聖陽、馬琴の息子・宗伯を磯村勇斗、宗伯の妻・お路に黒木 華、馬琴の妻・お百に寺島しのぶ。さらに「八犬伝」=“虚”の世界で八犬士の運命を握る伏姫を土屋太鳳、八犬士には犬塚信乃を渡邊圭祐、犬川荘助を鈴木仁、犬坂毛野を板垣李光人、犬飼現八を水上恒司、犬村大角を松岡広大、犬田小文吾を佳久創、犬江親兵衛を藤岡真威人、犬山道節を上杉柊平、八犬士の最大の敵・玉梓に栗山千明。監督は『ピンポン』や『鋼の錬金術師』シリーズの曽利文彦。

 このたび、新たに4人の新キャストが解禁。
“虚”の世界で八犬士の1人・犬塚信乃に想いを寄せる浜路には、ドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)に出演、第77回カンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した『ナミビアの砂漠』で主演を務める河合。

 “実”の世界で江戸時代を代表する歌舞伎狂言作者・鶴屋南北を演じるのは、俳優としても活動する落語家・立川。劇中で披露するのは、南北の歌舞伎代表作であり今でも日本で一番怖い怪談と言われる「東海道四谷怪談」の初演。当時は民谷伊右衛門役を七代目 市川團十郎、お岩役を三代目 尾上菊五郎が演じていたが、この役を歌舞伎役者の中村と尾上が200年の時を越えて演じる。

 見どころは南北の新作歌舞伎のテーマを巡り、馬琴と南北が激しく衝突する場面。馬琴のその後の執筆活動にも影響を与えてしまうほどインパクトのあるシーンで、緊張感溢れる演技の応酬を繰り広げる。


 映画『八犬伝』は、10月全国公開。