Snow Manの渡辺翔太中村アンがダブル主演する7月6日スタートのドラマ『青島くんはいじわる』(テレビ朝日系/毎週土曜23時)の追加キャストとして、木村多江、伊藤修子、矢田亜希子の出演が発表された。それぞれ青島(渡辺)の実の母、2番目の母、3番目の母を演じる。

さらに主要キャスト勢ぞろいの本編PRも公開された。

【写真】Snow Man・渡辺翔太、白い歯へのこだわり明かす「歯も美容。多い時は1日に5回磨く」

 吉井ユウの同名漫画を実写化する本作は、恋愛に興味のない年下絶食系男子・青島瑞樹(渡辺)と、恋愛から離脱した35歳干物系女子・葛木雪乃(中村)の小さなうそから始まる協定恋愛を描く。

 木村多江が演じるのは、青島の実の母・坂本久美。青島の父と離婚して以降、仕事だけに打ち込み、コスメ販売やエステサロンを手掛ける実業家となったが、幼少期に離れ離れになった青島のことは、ずっと気に掛けており…。

 約20年ぶりに青島の前に現れ、何やら波乱を巻き起こしそうな久美を演じるにあたり、木村は「とにかくブレない、怖そうな女性というイメージでした。
“主人公2人のハードルになるかもしれない”という部分をどうやって表現するかを考えていかなきゃいけないなと思っています」と言いつつも、「2人を応援しながら《キュンキュンドラマ》を堪能してほしい」と語った。

 青島の2番目の母・田村珠代を演じるのは伊藤修子。「キラキラしたお話なので、最初は『私…なんかちょっと場違いなんじゃないかしら?』と思いました(笑)」と笑う伊藤が、本作で演じる珠代は、ドラマオリジナルのキャラクター。

 作家・コラムニストの珠代は、久美の後に青島の父と結婚、中学時代の青島と3年間一緒に暮らしていた。離婚後も青島との関係は良好で、行きつけのスナックでは、青島の相談に乗ることも。「スナックのシーンで皆さんに楽しんでいただけるよう頑張ります!」と語った伊藤が、渡辺とどんな掛け合いを繰り広げるのか。


 青島の3番目の母・篠原礼子を演じるのは矢田亜希子。スナック「Reiko」を経営し、歯に衣(きぬ)着せぬ毒舌アドバイスで常連客の心をつかんでいる礼子を体現する。青島の父と結婚していた頃は、高校生の青島と2年間一緒に暮らし、現在も彼が素の自分をさらけ出せる姉のような存在。なぜか気の合う珠代とともに、青島を見守っている。さらに、どうやら久美とも面識があるようで…?

 「とにかくキラキラしていて、ときめいてしまうこのドラマの中で、『スナックReiko』は、なんだかとにかく面白いところです。ぜひ《憩いの場》として見守っていただけたらな…と思います!」と矢田は語る。


 本編PRでは、主演の渡辺翔太&中村アンをはじめ、会社の同僚メンバー・戸塚純貴、秋元真夏小林涼子、3人3様の青島の母たちを演じる木村多江、伊藤修子、矢田亜希子ら主要キャストが勢ぞろいする本編映像を初お披露目する。

 オシドラサタデー『青島くんはいじわる』は、テレビ朝日系にて7月6日より毎週土曜23時放送(初回拡大スペシャル)。

※3人の母コメント全文は以下の通り

<木村多江、伊藤修子、矢田亜希子コメント>

◆木村多江(坂本久美・役)コメント

――本作にご出演が決まった時のお気持ちは?
“原作ファンの方たちを裏切らずにできるのか”というプレッシャーがありますし、それにプラスして喜んでいただくって、ハードルが高いことですよね。なので、役のキャラクターやビジュアルを含め、うまくできるかな、と考え、緊張したのを覚えています。原作を読ませていただいて、見た目を寄せていけるかもしれない…と感じた瞬間、“よし、頑張ろう!”と思いました。

――久美という役柄の印象や、ご自身との共通点があればお聞かせください。

最初はとにかくブレない、怖そうな女性というイメージでした。そして、“主人公2人のハードルになるかもしれない”という部分をどうやって表現するかを考えていかなきゃいけないな、と思いました。
私もたぶんコアの部分は強いと思うんですが、久美さんは強くならざるを得なかったし、強く生きてこなければならなかったんですよね。そういう意味で考えると、久美さんは脆いところがたくさんあるのに、それを隠して生きている女性で…だから実際は私の方が強いかもしれないです(笑)。でも、あまり人に弱いところを見せないように頑張るところは似ているかもしれません。久美さんは、すごく頑張って成功して、経営者をやっているわけなので、やっぱり憧れますね。
私はどちらかというとダメ人間で(笑)、周りの人たちにいっぱい助けてもらって生きているので、そこはちょっと違いますね。

――主演の渡辺さん&中村さんの印象は?
まだお会いしていないんですが、渡辺さんはちょっと天然な方なのかな、という印象です(笑)。あと、美容にものすごくお詳しそうなので、いろいろとお手入れのことを聞いてみたいなぁと楽しみにしているんです。中村さんはすごくストイックな方というイメージです。そういう頑張り屋さんなところがある反面、もしかしたら不器用な部分もあるのかなと思ったり…。いつもニコニコされていて、何事にも真摯に取り組んでらっしゃる印象なんですが、お会いした際には、その“裏側の中村さん”を見てみたいですね。


――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします
とにかくキュンキュンしていただきたいです! 自分をいろんな立場に置き換えてみたり、主人公になったつもりで見ると、景色が違って見えて面白いのではないかと思います。ぜひ、2人を応援しながら、《キュンキュンドラマ》を堪能していただければと思います。

◆伊藤修子(田村珠代・役)コメント

――本作への出演が決まった時のお気持ちは?
キラキラしたお話に参加させていただけるということで、最初は「私、なんかちょっと場違いなんじゃないかしら?」というような感じでした(笑)。

――珠代という役柄の印象や、ご自身との共通点があればお聞かせください。
私は珠代のようにスナックでペラペラとしゃべるタイプではないので(笑)、自分とはちょっと掛け離れていますね。むしろ青島くんに色めき立っている掃除のおばさんの役とかの方が合っているんじゃないかと思っちゃいました(笑)。でもドラマオリジナルのキャラクター・珠代をやらせていただけて光栄です。

――主演の渡辺さん&中村さんの印象は?
先日初めて渡辺さんとお会いしたので、まだどういう方かまではわからないんですが、スナックにいるときには全然“いじわる”な感じがしないですね。むしろカワイイです(笑)。中村さんは、以前ドラマの撮影で一緒になったことがあるんです(『お義父さんと呼ばせて』2020年)。そのとき、私は袖のない服を着ていたんですが、上着を貸してくださったんですよ。たぶんご本人は覚えてらっしゃらないと思うんですが、上着を貸してくださる方はなかなかいないので、とても気遣いのできる方という印象です。

――本作を楽しみにしている視聴者の皆さんにメッセージをお願いいします
スナックのシーンが楽しいコーナーになるように、やっていけたらいいなと思っています。私が演じる珠代は原作には出てこないキャラクターなんですが、皆さんに楽しんでいただけるよう頑張ります!

◆矢田亜希子(篠原礼子・役)コメント

――本作に出演が決まったときのお気持ちは?
まず原作がある作品なので、原作を読ませていただき、とてもキュンキュン系で楽しそうだな、と思いました!私の役柄もイメージを壊さないように近づけられたらいいなと思っております。

――礼子という役の印象や、ご自身との共通点があればお聞かせください。
礼子さんは、とにかくサバサバしていて明るい人で、青島くん…瑞樹の継母です。本当の親子だったらここまで恋愛のこと話せないなというようなことも、この2人なら話せちゃう。恋愛相談でもなんでも頼りにしてもらえる、“頼りになる女性”なので嬉しいです。私は最近、恋愛相談?などはされることもなく、私の周りはみんなで健康の話や老後の話が尽きないので(笑)瑞樹の恋に悩んでいる姿を見守るのが新鮮です!

――主演の渡辺さん&中村さんの印象は?
渡辺くんとは以前、別の番組でご一緒させていただいたんですが、お話するのは今回が初めてなんです。とても丁寧に撮影に臨まれているなという印象を受けました。中村さんにはまだお会いしていないんですが、今まで雪乃のような役を演じていらっしゃったイメージがあまりないので、すごく楽しみです。

――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします
「こんな出会いっていいな」「私もこんな人を見つけたいな」など、とにかくキラキラしていて、ときめいてしまうドラマだと思います。その中で、「スナックReiko」は、なんだかとにかく面白いところなので、ぜひ《憩いの場》として見守っていただけたらなと思います。