七色の声を持つ声優山寺宏一。その山寺がテレビシリーズから当たり役として主人公ゾロリの声を担当している大人気アニメ「かいけつゾロリ」が、初の長編映画「映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!」となって帰ってくる。
山寺自身、「また演じられることがすごく嬉しい」と語るように、テレビシリーズ終了後、数年経っている“ゾロリ”の映画化について、単独インタビューを行った。

「映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!」フォトギャラリー

 「映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!」では、主人公ゾロリの声を担当しているほか、主題歌「つぎ いってみよう!」も歌っている山寺。また作詞は「かいけつゾロリ」シリーズの原作者・原ゆたかの描きおろしとなっている。

 「実はテレビ版でも主題歌を3曲歌っているのですが、自分が主役(ゾロリ)の声を演じて、主題歌も歌うという夢のようなことが劇場版でやれるなんて嬉しいですね。考えてみると、なかなかできないことですから。アイドル声優でもないのに(笑)」と笑みをこぼす。
原作者・原ゆたか氏の作詞については「すばらしいですよ!子供はもちろん、大人も楽しめる内容です」とコメント。本編だけでなく主題歌も楽しめるという。

 また、ほぼ毎回収録に顔を出しているという原作者の原ゆたか氏について「原ゆたか先生とは公私ともに仲良くさせていただいているんです。テレビシリーズの時は、あんなに忙しいのに、毎回収録にいらっしゃってましたから。めちゃめちゃ仲良いですよ」とのこと。さらに「先生は現場大好きなんです」と明かし「"今度はこんなおまけを付けるんだよ"と言われて、僕も"良いっすねー"なんて言いながら『ゾロリ』の最新情報を聞いていたんです」と収録時のエピソードを語り、いち早く“ゾロリ”情報を入手していたことを明かした。
 初の単独映画となる本作について「嬉しいですよ。非常に嬉しい。(テレビ)アニメ関係者たちも“いつかまたやりたい”って言っていましたから、劇場版としてやれるのは夢のよう」と語る。久々に"ゾロリ"を演じることについて「原作は続いていましたが、テレビシリーズが終了して、時間が空いていたので、懐かしい感じもしたし、ついこの間までやっていた気もするし…色々な思いがありました」と振り返る。また「老けちゃって、“全然ゾロリじゃないですよー”って言われたらどうしようかと思ってましたけどね(笑)。さすがに言われなかったけど(笑)」とお茶目な発言も飛び出す。


 初めて“ゾロリ”を演じた当時については「僕が初めて声を担当したときは、すでに大ベストセラーで、満を持してのアニメ化という感じだったので、責任重大だなと思いましたね」と語る。「子供たちに"えっ?何この声"って思われないようにしましたね。子供たちに支持されなかったら、アニメ製作者側のせいだからね」と原作が大ベストセラーゆえのプレッシャーもあったのことだ。

 「ひと言では言えない」という本作の見どころ。「今回もゾロリは、下心ありでいつものように大冒険をするのですが、そこにゾロンド・ロンという冒険家のキャラクターが現れるんです。ゾロリは、ライバルだと思っているのですが…。
そのキャラクターとの関わり合いが一番見どころです」とアピールした。(取材・文・写真:鈴木沙織)

 「映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!」は2012年12月22日(土)より全国ロードショー