グラビアアイドル・女優の橋本マナミが13日、TBSのバラエティ番組『新チューボーですよ!』に出演。橋本は結婚願望、デビューから下積み時代、そして現在のセクシー路線でブレイクするまでの経緯などを語った。

【関連】「橋本マナミ」フォトギャラリー

 司会の堺正章から「彼氏はいるの?」とストレートな質問に、橋本は「いないです。『愛人にしたい女』ナンバーワンと言ってもらっているので」と、今は仕事優先で彼氏はいないことを断言。「グラビアで激しいことをやり始めてからは、彼氏になっていただける方にも失礼じゃないですか」と語り、現在彼氏いない歴2年であることを明かした。

 また、好きな男性のタイプについては「人生をともにしたいので、どれだけどん底に落ちても、這い上がってきてくれる、生命力のある人」と理想の男性についてコメント。結婚願望については「ありますね。理想としては33から35くらいで結婚したい」と告白。さらに地元・山形の方言を交えて「世の男性の皆様、私は結構過激なグラビアをやっていますが、それでもよろしければもらってけろ!」とアピールしていた。

 13歳で芸能界デビューした橋本は、近年のセクシー路線でのブレイクを迎えるまで仕事をしながら、居酒屋や倉庫での切手貼りなどのアルバイトをしていた下積み時代があったという。

 また、16歳で初めてビキニを着るまで、水着はスクール水着しか着たことがなかったようで、初の水着グラビア撮影時のことを「やっぱり恥ずかしかったですね」と振り返り、「でもこれをやったことで、今の自分があるし、今は脱ぎたくてしょうがない」と男性陣を喜ばせていた。