橋本マナミ、「監督に奪われたいです」 韓国映画巨匠もタジタジに!?

 橋本マナミが17日、都内にて行われた韓国映画『アシュラ』のキム・ソンス監督来日記念のトークイベントにゲストとして登場。監督を相手に艶っぽい“愛人トーク”を繰り広げ、タジタジにさせた。

【関連】橋本マナミ登壇『アシュラ』来日イベントフォトギャラリー

 韓国版『アウトレイジ』とも称される本作は、架空の都市“アンナム市”を舞台に悪徳市長とその市長に利用される刑事、彼らの悪事を暴こうとする検事たちの駆け引きを描いたノワールエンターテインメント。

 この日のイベント後半、映画を観て「興奮が止まらなかったです」と高揚した表情で登場した橋本。監督に向かって「この映画を観たあとにお会いしたので、どれくらい怖い方かと思っていたら、すごく笑顔が素敵でギャップが魅力でした」と語りかけた。

 トークでは、それぞれのキャストについて印象や魅力を橋本がコメント。主人公の刑事ハン・ドギョンについては「奥さんをちゃんと愛しているところに惹かれる」という橋本に、「(演じている)チョン・ウソンは恋愛をしたら浮気をしないジェントルマン。人間味に溢れる」と監督は猛プッシュ。それを聞いた橋本は「結婚するならハン・ドギョンとしても、チョン・ウソンさんでもどちらでも」と語る。

 そして“愛人候補”として選んだのが、悪徳市長パク・ソンべ(ファン・ジョンミン)。「お金と名誉のためならなんでもやるという人。あまり深入りしないで、愛人はお金で解決するという立場なので、愛人になるのはちょうどいいんじゃないかな」と微笑む。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アウトレイジ」に関する記事

「アウトレイジ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アウトレイジ」の記事

次に読みたい「アウトレイジ」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク