手塚治虫『火の鳥』、“大地編”が小説で4月6日から連載開始

手塚治虫『火の鳥』、“大地編”が小説で4月6日から連載開始
手塚治虫『火の鳥』、“大地編”が小説で連載開始 ※写真は、火の鳥「黎明編」の表紙
       
 手塚治虫さんによる漫画『火の鳥』の“幻の続編”とされていた「大地編」が、小説として4月6日より「朝日新聞 土曜別刷りbe」にて掲載決定。本作は手塚さんが残した構想原稿をもとに、直木賞作家・桜庭一樹が想像力の翼を広げ、長編小説を紡ぐ。

【写真】アニメ『鉄腕アトム』フォトギャラリー

 『火の鳥』は、『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『リボンの騎士』『どろろ』などを手掛けた手塚さんによる作品で、不死鳥である火の鳥を追い求める人々を描き、人間の尊厳や愚かさを描く壮大な大河ロマン。1967年の「黎明編」から本格的に始まり、1988年の「太陽編」を最後に、翌年、手塚さんが亡くなったことで未完の作品となった。

 そして、今回発表された小説は、手塚プロダクションの資料室に残された、続編とみられる「大地編」の構想原稿をもとに制作。この原稿は400字詰め原稿用紙にして2枚分という短い量ながら、手塚ロマンのエッセンスが詰まっているという。

 その構想原稿をもとに、新たな長編小説を紡ぐこととなった桜庭は、『GOSICK』シリーズ、『赤朽葉家の伝説』で知られ、『私の男』では直木賞を受賞した小説家。また挿絵は、『鉄腕アトム』をはじめ手塚作品をモチーフにした作品を多く手がけている、イラストレーター・黒田征太郎が担当する。

 『小説 火の鳥 大地編』は4月6日から1年間、「朝日新聞 土曜別刷りbe」にて毎週土曜日掲載予定。

あわせて読みたい

手塚治虫のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「手塚治虫 + 漫画」のおすすめ記事

「手塚治虫 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「空知英秋」のニュース

次に読みたい関連記事「空知英秋」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョジョ立ち」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョジョ立ち」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月28日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. 手塚治虫 漫画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。