坂口健太郎『シグナル 長期未解決事件捜査班』映画化決定 本格アクションで新境地に挑む

坂口健太郎『シグナル 長期未解決事件捜査班』映画化決定 本格アクションで新境地に挑む
2018年放送のドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』場面写真(C)カンテレ (C)2021映画「劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班」製作委員会
 俳優の坂口健太郎が連続ドラマ初主演を務めた、2018年放送のドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』がオリジナルストーリーで映画化されることが発表された。坂口は「映画では連続ドラマで出来なかった新しいいろんな要素も加わり、すごく楽しみ」と撮影に期待を寄せている。

【写真】坂口健太郎が連ドラ初主演を務めたドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』より

 韓国のヒューマンサスペンスドラマ『シグナル』を基に、謎の無線機が“現在”と“過去”の二人の刑事をつなぎ、共に未解決事件を解決していく姿を描いた2018年放送のドラマ版。“現在”を生きる刑事・三枝健人を坂口健太郎が演じ、“過去”を生きる熱血刑事・大山剛志役の北村一輝とタッグを組んで、多くの未解決事件を解き明かした。

 その劇場版となる本作は、オリジナルストーリーによる新作で、連続ドラマの後のエピソードが描かれる。ドラマのラストでは、健人(坂口)と美咲(吉瀬美智子)が現在の大山(北村)の元へ向かうシーンで終わっており、はたして健人は大山と会うことができるのか、物語の行方が気になるところだ。さらに、坂口は本格アクションにも挑戦。さらなる前代未聞の未解決事件に挑むとのことだ。

 また映画の公開にあわせ、原作元の韓国ドラマ『シグナル』の中でも特に人気&クオリティが高かったエピソードをスペシャルドラマ化。2018年放送の連ドラでは描くことが出来なかった珠玉のエピソードを放送する。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。