日向坂46・齊藤京子、佐々木美玲、東村芽依に聞いた「アイドルの高校時代」

 放送中の連続ドラマ『DASADA』(日本テレビ)で主演を務めている、日向坂46。今回、インタビューに応じてくれた齊藤京子佐々木美玲東村芽依は、それぞれ一期生としてグループを支えるメンバーたちだ。高校・私立マロニエ女学院を舞台にした本作にちなみ、トップアイドルの3人が過ごした実際の高校生活の思い出、さらに年末の東京ドーム公演も控えるグループの活動へ懸ける思いを聞いた。

【写真特集】3人の高校時代は? 日向坂46・齊藤京子、佐々木美玲、東村芽依のかわいい写真特集

■学校での撮影に懐かしさ「黒板にメンバー全員の似顔絵を描いて…」

 日向坂46のメンバーが総出演する『DASADA』は、私立マロニエ女学院を舞台に描かれる青春ドラマ。かわいいと自称するも周囲からは“ダサい”呼ばわりされてしまう高校2年生の少女・佐田ゆりあ(小坂菜緒)と、ファッションデザインの才能を持つクラスメイトの篠原沙織(渡邉美穂)がふとしたきっかけからファッションブランド「DASADA」を立ち上げるエピソードを軸に、少女たちのさまざま葛藤や、夢に奔走する姿を描いている。

――高校を舞台にして、齊藤さんはバレー部の部長を務める高校3年生の小笠原真琴を、佐々木さんは教室でひたすら勉強に打ち込んでいる高校2年生の岡田いちごを演じていますが、学校での撮影はいかがでしたか?

齊藤京子【以下、齊藤】:グループ加入当時はすでに卒業していたし、それこそ今は教室に入れる機会は撮影くらいしかないので「こんな感じだったよなぁ」と雰囲気に浸っていました。黒板にチョークで日直の名前が書かれていたのも懐かしかったし、かれこれ4年以上も前だから「あの頃は楽しかったなぁ」と感傷的になる瞬間もあって、夢のような日々でしたね。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク