ビリー・アイリッシュ、『007』楽曲提供の決め手はダニエル・クレイグが「気に入ること」

ビリー・アイリッシュ、『007』楽曲提供の決め手はダニエル・クレイグが「気に入ること」
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌を担当するビリー・アイリッシュ&兄のフィネアス・オコネル(C)AFLO
 第62回グラミー賞で主要4部門を含む最多5部門を制覇した人気歌手のビリー・アイリッシュ。英スパイ映画シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌を担当するが、同作に参加するにはジェームズ・ボンドを演じる主演俳優ダニエル・クレイグに曲を気に入ってもらう必要があったという。

【写真】ダニエル・クレイグ登場『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のローンチイベントの様子

 現地時間19日に開催されたイギリスの音楽の祭典、ブリット・アワードで映画と同名タイトルの主題歌『No Time To Die(原題)』を披露したビリー。兄で音楽プロデューサーのフィネアス・オコネルと、英ニュース番組『BBC Breakfast(原題)』に登場し、インタビューでフィネアスが「ダニエル・クレイグが楽曲を気に入らないと起用されない」と語ると、「彼の発言が決定を左右することを今回学んだ」と続けた。

 「私たちは何年も、ボンド映画の歌を担当したかった。去年、チームのみんなに伝えたの。ボンド関連の話が来たら、できる限り参加したいってね」とビリー。昨年9月に映画プロデューサーのバーバラ・ブロッコリとアイルランドでミーティングし、歌詞を書く参考にするため、映画の触り部分に関して、なんとなく教えてもらったことを明かした。

 フィネアスいわく、主題歌は3日間ほどで書き上がったという。「テキサスにいる時に、ツアーバスの中で曲を作って録音した」そうだ。また曲作りを始める前に、ビリーとフィネアスは過去のボンド作品の楽曲を全て聴き、同じにならないよう気を付けたという。

 ダニエルが録音された曲を聴いて気に入ったのは、今となっては明らかだが、4月10日から日本公開される本編にどのようにマッチしているのか、今から楽しみだ。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月27日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。