小栗旬&星野源、映画初共演で互いに「好きになりました」

小栗旬&星野源、映画初共演で互いに「好きになりました」
       

 俳優の小栗旬と星野源が29日、都内で行われた映画『罪の声』完成報告会に、土井裕泰監督と原作者の塩田武士氏とともに出席。映画初共演を経て、小栗と星野は互いに「好きになりました」と打ち明けあった。

【写真】小栗旬&星野源が登壇した『罪の声』完成報告会の様子

 本作は、昭和最大の未解決事件をモチーフにした塩田武士による同名ミステリー小説を映画化。事件の謎を追う新聞記者・阿久津英士役を小栗が、幼少時に自分の知らないうちに事件に関わってしまった男・曽根俊也役を星野が演じる。

 小栗は、今作で映画初共演となる星野について「オファーをいただいた時点で、曽根俊也さんというキャラクターは星野源さんで考えているという話は聞いていたので、ピッタリだなと思いました」とコメント。続けて「原作を読ませてもらって、この作品に参加しないという手はないなと思うくらい、原作の持つエネルギーと本当にこういうことが起きていたんじゃないかと思うような、すごく緻密なストーリーに感動しました」とオファーを受けての思いを語った。

 また星野も「あらすじを聞いただけで鳥肌が止まらなくて、すごく面白そうだなと思った」という。小栗については「台本を読ませていただいたときに、小栗くんがこの役をやるんだっていうのがフレッシュな感じがしたというか。普通のおじさんなんですよ(笑)」と、普通のおじさんを演じる小栗に期待していたそうで、小栗は「普通のおじさんです(笑)。この撮影のときはちょこっとお腹も乗っかっているぐらいの感じでした」と笑った。

 共演を経て、現在では時々食事も共にする仲だという2人。星野はそれまでの小栗との関係を「共通の知人が何人かいるので、飲みの場とかご飯の場だけだったので、いわゆるシラフで話をするってことがなかなかなかったんです」と説明したうえで、「みんなでワイワイしている“ワイワイ状態”の小栗くんしか知らなかったんですけど、すごく役に対してすごくまっすぐ丁寧に向き合っていて、現場にもそっといる感じの人というか。僕も同じタイプなので、2人でボソボソずっと話をしているような待ち時間だったんですよ。その会話がすごく楽しくて、一気に好きになりました」と告白。

 小栗も星野に「僕もとっても好きになりました」と告げると、星野は「ありがとう」とうれしそうにほほ笑んでいた。

 映画『罪の声』は10月30日より全国公開。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月29日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。