神山健治の新作長編アニメ、2022年放送決定 青春社会派クライムアドベンチャー

神山健治の新作長編アニメ、2022年放送決定 青春社会派クライムアドベンチャー
       

 『攻殻機動隊 S.A.C.』『東のエデン』など数々の名作を手掛けた神山健治が、WOWOWの開局30周年記念番組として2022年に放送予定のオリジナル長編アニメを手掛けることが決定した。

【写真】神山健治が監督&脚本『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』場面写真

 これまで『攻殻機動隊 S.A.C.』『東のエデン』『009 RE:CYBORG』を手掛けてきた神山。映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』では初の劇場版オリジナルストーリーでの原作・脚本・監督を務め、『ULTRAMAN』『攻殻機動隊 SAC_2045』ではフル3D作品を荒牧伸志氏と共同監督で制作するなど、数々の名作を世に送り出した。緻密に作り込まれたシナリオや、新しいテクノロジーを取り入れたリアルなアニメーションにより日本アニメ界を牽引し、第6回文化庁メディア芸術祭優秀賞をはじめ幾多の賞も受賞している。

 そんな神山が、2021年4月に開局30周年を迎えるWOWOWとタッグを組む。オリジナルアニメで監督・脚本を担当し、自らが代表取締役共同CEOを務めるクラフターがアニメーション制作を務める。現在執筆中のためタイトルは未発表だが、内容は青春社会派クライムアドベンチャーとなる予定。

 神山は、「長年温めてきた構想や、これまでの歩みの中で出会った風景、そして人々の生活に大きな変化をもたらした2020年。そのあらゆる経験をもとに、新しく生まれてくるアイデアを大切にしながら、現在脚本を執筆してます」と語り、「これから本格的な制作期間にはいります。信頼するスタッフの皆さんと思いを共有しながら、さらにアイデアを練り上げていきます」とコメントしている。

 神山健治が監督・脚本を担当するWOWOW開局30周年記念オリジナルアニメは、2022年放送予定。

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「攻殻機動隊」に関する記事

「攻殻機動隊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「攻殻機動隊」の記事

次に読みたい「攻殻機動隊」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月6日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. 攻殻機動隊 アニメ
  2. 攻殻機動隊 映画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。