池脇千鶴、9年ぶり連ドラ主演 『その女、ジルバ』新米ホステス&伝説ママの2役に

池脇千鶴、9年ぶり連ドラ主演 『その女、ジルバ』新米ホステス&伝説ママの2役に
       

 女優の池脇千鶴が、2021年1月9日スタートのドラマ『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)で主演を務めることが発表された。池脇の連続ドラマ主演は9年ぶりとなり、40歳の新米ホステスと伝説のママの2役に挑む。

【写真】オトナの土ドラ『その女、ジルバ』で主演を務める池脇千鶴

 第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した有間しのぶによる同名漫画をドラマ化する本作は、平均年齢70歳以上、40歳未満のホステスはお断りという高齢バーで繰り広げられる、笑いと涙のエンターテインメント。脚本は、ドラマ『Dr.コトー診療所』シリーズ、映画『涙そうそう』などの吉田紀子が担当する。

 池脇演じる主人公の笛吹新(うすい あらた)は40歳。結婚相手とは直前に破談になり、以後は相手に恵まれない。勤め先の大手百貨店ではでアパレル店員として働いていたが、年齢を重ねるごとに肩身が狭くなり、ついに「うば捨て」とやゆされる物流倉庫に左遷されてしまった。そんな時、「ホステス募集 ただし40歳以上!」の張り紙を見た新は、思い切ってそのBARの扉を開く。

 扉の向こうにいたのは自称50代~80代の元気な高齢ホステスたち。おいしい料理と軽快なトーク、さらにパワフルなダンスでおもてなしをする特別な空間だった。戦前戦後、昭和、平成、令和へ、どんな時代も明るくポジティブに生きてきた彼女たちの姿を見て、新も少しずつ輝き始め、職場でも仕事の取り組み方が変わっていく。

 池脇は役どころについて「私が演じる新は、引っ込み思案で、失恋もしていて、自分に自信のない女の人。“猫背気味”というか、あんまり人としゃべるのが得意じゃない、そういうところを演じられればいいなと思っています」と説明。

 撮影現場の雰囲気については「共演者に、お姉さま方が多い現場も初めてです。皆さんとても明るくて、わたしよりもパワフルで、キャッキャキャッキャと声が聞こえてきます。『寒くない?』『ちゃんと寝られてる?』といつも気遣ってくださったり、励ましてくださったり、すごく和気あいあいとしています」と話す。

 原作者の有間は「マンガの連載中に色々な方に取材し、また、寄せられたご感想を読んで痛感したのは、世の中にはなんて多くの人が『あんまり報われないけれど、自分は自分に正直にやっていく』と肚をくくっているんだろうということでした。声高でもなく、本人は手柄とも思わず。でもその矜持の美しさに、心の中で頭をさげることが多くありました。このドラマは、そうした想いをなにより大切に、手の中に包みこんでくれています」とコメントしている。

 オトナの土ドラ『その女、ジルバ』は、東海テレビ・フジテレビ系にて2021年1月9日より毎週土曜23時40分放送。

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月24日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。