日向坂46・齊藤京子、自身のキャラに迷い “ひなあい”で抱いた危機感も明かす

日向坂46・齊藤京子、自身のキャラに迷い “ひなあい”で抱いた危機感も明かす

 持ち前の低音ボイスと歌唱力で日向坂46のパフォーマンスをけん引する一方、“ひなあい”の愛称で親しまれるグループの冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京/毎週日曜25時5分)では、ぶりっ子キャラなどでキュートな一面を見せてくれる齊藤京子バラエティー番組での対応力に定評あるグループの中でも存在感を放つ1人だが、自身のキャラについては「どんな自分が正解なのかは迷います」と本音を打ち明ける。

【写真】“きょんこハート”3連続写真 齊藤京子のかわいい撮り下ろしカット

■“ひなあい”収録で抱いた危機感「影が薄くなってる」

 昨今、オードリーがMCを務める彼女たちの冠番組“ひなあい”では、グループで取り組む仕事を“内仕事”、そこから離れた環境での仕事を“外仕事”として、メンバー個々の外仕事への対応力を育成しようとする企画が目立つ。客観的に見れば、ホームである内仕事の方が取り組みやすいのかと思いきや、齊藤にとっては苦戦する部分もあるようだ。

 「たぶんほかのメンバーとは逆で、外仕事の方が爪痕を残せている気がします。内仕事になるとぜんぜん手応えを感じられないのが、いい意味でも悪い意味でも私かなとは思っていて(笑)。外仕事では私のキャラクターに新鮮さを感じてくださるのか、MCの方がよくツッコんでくださるんです。

 でも、メンバーがそろう内仕事では、意外と自分を発揮できず、発言できないことも多くて、自分にとっての課題になっています。今に始まったことではなく、元々、小学生の頃から大人数ではしゃべれなくなるような子だったし、MCの若林(正恭)さんからは『オードリーと一緒だよ』と言われたこともあって。アイドルとしてはグループでの活動だから乗り越えていかなければいけない壁だし、頑張らないといけないと思っています」。

 テレビ越しに見る笑顔とは裏腹に、自分にとってのホームであるからこその苦労を明かす彼女。実際、ひなあいの収録で危機感を募らせたこともあるという。

 「ひなあいは、1回の収録で3~4週分を撮影するときがあります。ただ、スタジオ収録へ行っても、ほぼ話すことができないままのときが何度かあって。そうなると、自分にとってはたった1日の撮影ですが、オンエアだと1ヵ月間も何もしゃべっていないことになってしまうんです。

 それに対して『齊藤京子が全然ひなあいでしゃべってくれない』という声もあったし、自分なりにも『ヤバい。きちんとスタジオの流れに乗らないと放送もされない』と思って。時期としては昨年の夏頃で、たぶん、放送上だと4ヵ月間ぐらいまったく話してないかもしれないと思える期間がありました。視聴者の皆さんも『きょんこって影が薄くなってるよね』となっていたはずなので、そこから積極的に発言をしようと自分の気を引き締めました」。■ぶりっ子キャラを確立するも「どんな自分が正解なのかは今でも迷います」

 バラエティー番組での活躍が目立つ背景では、日向坂46のメンバーそれぞれが持つ個性も光る。その一人である齊藤は、自分のキャラクターをどう感じているのか。番組スタッフからの評価も含めて明かしてくれた。

 「個人的には、唯一無二のキャラクターかなと思っています。いい意味でグループに溶け込めていないというか、みんながワイワイしている場面でははたから見て笑いつつ、群れないのも自分らしさかなと思って。実は、ひなあいのスタッフさんからも『齊藤京子はいい意味で一匹狼だし唯一無二だよね』と言われたことがあり、オンリーワンという意味だからうれしかったです。

 収録後に『一撃必殺キャラのポジション』と言われたこともありました。日向坂46にはガヤを担当するメンバーもたくさんいますが、私の場合は『どう思う?』と聞かれたときに、“ズバッと言ってドカン”みたいなタイプと思われているみたいで。みんなが盛り上がっている場面では静かにしているけど、いざ何かの話題を振られたときに『面白いことを返してくれる』と評価していただけたのも記憶に残っています」。

 試行錯誤を重ねながら、内仕事でも自分の立ち位置を確立しつつある彼女。昨今のひなあいでは、自らのあざとさを存分に発揮した“ぶりっ子キャラ”も番組の味になっている。

 「初めてやってみたときに若林さんが笑ってくださったので、続けた方がいいのかなと思いました。ただ、やり過ぎるのも良くないし、バランスは悩むんです。どこかの場面で急にぶりっ子キャラをやったら『かわいい』と言ってくださる方もいますけど、人によっては『やり過ぎじゃない?』となるので、正直、控えめなときもあります(笑)。

 プレゼン企画で渡邉美穂が発案した『第2回ぶりっ子選手権』でも、たくさん笑っていただけるからとやり続けたら『齊藤京子っぽくない』と言われたり。どんな自分が正解なのかは今でも迷いますし、素のままだと強いと言われがちだから、どっちに振るべきか分からなくなるときもあって。そもそもはやり始めた自分がすべての原因なんですけど(笑)。皆さんを惑わせてしまっているとは思いつつ、ただ、ネットの声は気にしていたらキリがないので、とらわれないようにしようとは思っています」。

 メンバーとしての活躍を続ける一方で、本人にとって念願だった初のソロ写真集『とっておきの恋人』(主婦と生活社)も発売される。最後に、さらなる飛躍を目指す2021年の目標を聞いた。

 「個人としてはまず、ソロ写真集を1人でも多くの方々に知ってほしいです。東京でのデートをテーマにした1冊ですが、水族館や映画館など身近な場所での“彼女感”を味わってもらえたらうれしいですし、カットによっては恥ずかしそうな顔や、大人っぽい表情だったりと、自分でもこんな表情があったのかと思えるほどいろいろな一面を出せたので。皆さんに手に取っていただけるような愛される作品になればいいなと思います。

 グループのメンバーとしては『日向坂46のハーフツインの子だ』と認知されたいです。音楽番組ではよくその髪型で出演していますが、ひそかに定着させたくて。それこそ、ソロ写真集を出した子や、ハーフツインの子というイメージの延長線上で『あの子って何ていうグループにいるんだっけ…。あ、日向坂46だ!』となったら、私は幸せです(笑)」。(取材・文:カネコシュウヘイ 写真:ヨシダヤスシ)

 日向坂46・齊藤京子1stソロ写真集『とっておきの恋人』(主婦と生活社)は発売中。価格は1800円(税別)。

当時の記事を読む

鈴本美愉のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース
「日向坂46・齊藤京子、自身のキャラに迷い “ひなあい”で抱いた危機感も明かす」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    11:23みたいに○○坂みたいなのを高評価してるようではダメ。中国等の芸能人を少し眺めれば、自分たちが如何にクオリティの低いもので満足してるか痛感できるはず。

    1
  • 匿名さん 通報

    声質は天賦の才能である それに加え歌唱力 バラエティ対応能力があるのだから プロで生きていく覚悟の無い下手なお嬢を起用するより この子が頂点に立つべきだと思う

    0
  • 匿名さん 通報

    11:39の匿名さん 本国に帰って自国の芸能人を少し眺めてなさい 

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「鈴本美愉」に関する記事

「鈴本美愉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鈴本美愉」の記事

次に読みたい「鈴本美愉」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月19日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 鈴本美愉 ダンス
  2. 鈴本美愉 卒業

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。