『青のSP』第5話 “隆平”藤原竜也、容赦なしの荒治療 いじめ加害者が暴行で怪我

『青のSP』第5話 “隆平”藤原竜也、容赦なしの荒治療 いじめ加害者が暴行で怪我
拡大する(全1枚)

 俳優の藤原竜也が主演を務めるドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)第5話が今夜放送。第5話では、いじめ加害者が暴行を受ける事件が発生。隆平(藤原竜也)は加害者と被害者、どちらも救うため奔走する。

【写真】いじめ加害者暴行事件に挑む“隆平”藤原竜也と、教師・”涼子”真木よう子 『青のSP』第5話より

 男子バスケ部で、アレン徳永(川村ジーモン凜一朗)が同じ3年生部員の市原健太(奧智哉)と西田雄一(池田優斗)からいじめを受けていることが分かる。柴田(泉澤祐希)から報告を受けた顧問の涼子(真木よう子)は、西田に代わってアレンをスタメンにした自分のせいだと責任を感じるが、心配する涼子や柴田を前に、アレンは余計なことはしないでほしいと言う。

 そんなある日、市原が帰宅途中に何者かに襲われる事件が発生。市原は相手の顔こそ見えなかったものの、犯人はアレンだと主張。西田も次の標的は自分に違いないとアレンを激しくけん制するが、それでもなぜか、アレンはかたくなに西田をかばう。

 スクールポリス・隆平の聞き取り調査では、アレンは自らの犯行を否定するが何か心当たりがある様子。とある場所へ1人で向かうと、そこにいたのは…。

 はたして隆平は、容赦なしの荒治療で、いじめの加害者と被害者、どちらも救うことができるのか。そして、隆平が香里(明日海りお)の死の真相を追う理由も明らかになる。

 本作は、学校内に警察官が常駐する「学校内警察(スクールポリス)」制度が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平が、「SNSトラブル」「生徒の薬物疑惑」「盗撮」「セクハラ」など、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。

 ドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』第5話は、カンテレ・フジテレビ系にて2月9日21時放送。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

藤原竜也のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「藤原竜也」に関する記事

「藤原竜也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「藤原竜也」の記事

次に読みたい「藤原竜也」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク