『青のSP』第9話 “隆平”藤原竜也、事件の核心へ “岡部”遠藤雄弥にも異変

『青のSP』第9話 “隆平”藤原竜也、事件の核心へ “岡部”遠藤雄弥にも異変
拡大する(全1枚)

 俳優の藤原竜也が主演を務めるドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)第9話が今夜放送。第9話では、進路相談で美月(米倉れいあ)の家庭に問題があると考えた隆平(藤原竜也)が、尾行した先で思わぬ人物と出会う。

【写真】“隆平”藤原竜也、“美月”米倉れいあを尾行 『青のSP』第9話より

 岡部(遠藤雄弥)による暴行未遂事件を公表しようとした香里(明日海りお)を阻むべく、生徒を脅迫して香里を死に追いやったのは、校長の木島(高橋克実)だった。木島の逮捕で1年前の事件はすべて明らかになったかに思えたが、隆平は、事件の裏にまだ何か秘密があると考えていた。

 3年生のクラスでは高校受験の進路指導が始まり、涼子(真木よう子)は志望先が親の意向と異なる相良恭子(石井薫子)のことで頭を悩ませていた。自分と同じ帰国子女が多い学校へ進学し、語学に磨きをかけたい恭子に対し、母親は家の病院を継がせるために、何としても医学部付属の高校を受験させるというのだ。一方的な母親の言動にいら立ちを隠せない恭子は、次第に授業態度も悪くなり、見かねた涼子は恭子にある提案をする。

 一方、暴行未遂事件の被害者でもある美月の進路相談には父親が現れる。その態度から、家庭内に問題があると考えた隆平は、美月を尾行。すると、向かった先には思わぬ人物が待っていた。さらに、木島の逮捕で岡部の身にも異変が…。

 1年前、香里は何を調べ、何をしようとしていたのか…。亡き恋人の思いを胸に、隆平が事件の核心へと迫る。

 本作は、学校内に警察官が常駐する「学校内警察(スクールポリス)」制度が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平が、「SNSトラブル」「生徒の薬物疑惑」「盗撮」「セクハラ」など、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。

 ドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』第9話は、カンテレ・フジテレビ系にて3月9日21時放送。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

藤原竜也のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「藤原竜也」に関する記事

「藤原竜也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「藤原竜也」の記事

次に読みたい「藤原竜也」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク