アリアナ・グランデも絶賛 『イン・ザ・ハイツ』日本版予告&ビジュアル解禁

アリアナ・グランデも絶賛 『イン・ザ・ハイツ』日本版予告&ビジュアル解禁
拡大する(全1枚)

 トニー賞4冠(作品賞・楽曲賞・振付賞・編曲賞)とグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞した同名タイトルの傑作ミュージカルを映画化した『イン・ザ・ハイツ』より、圧巻のパフォーマンスを盛り込んだ日本版の予告映像とビジュアルが解禁された。

【動画】映画『イン・ザ・ハイツ』日本版予告

 本作は、トニー賞最優秀作品賞をはじめ11部門を受賞したミュージカル『ハミルトン』で脚本・作曲・作詞・主演の全てを担当したリン=マヌエル・ミランダが、作曲・作詞・主演を務めた処女作となる同名ミュージカルを映画化。ニューヨークの片隅に取り残された街、ワシントン・ハイツを舞台に、夢に踏み出そうとする若者たちと人々の絆を描く。

 監督は、大ヒット映画『クレイジー・リッチ!』のジョン・M・チュウが務め、キャストには『アリー/スター誕生』のアンソニー・ラモス、『キングコング:髑髏島の巨神』のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライターで歌手のレスリー・グレースらが集結する。

 すでに本作を鑑賞した著名人からは、絶賛コメントが続出。歌手のアリアナ・グランデはSNS で「この映画がなぜこんなに美しく完璧なのかが理解できないくらい。驚くほどの出来栄え。とてもとても、美しい」とコメント。俳優のヒュー・ジャックマンも「舞台のミュージカルは観ていなかったんだけれど、映画を観て圧倒された。演技もダンスも音楽も演出も信じられないくらいに素晴らしい。自分がミュージカルをやっているからって全てのミュージカルを見ているわけじゃないし、すべてのミュージカルが好きなわけじゃないけど、この映画は圧勝だ」と、大絶賛コメントを動画付きで投稿している。

 予告映像は、主人公ウスナビ(アンソニー)が回想するシーンからスタート。「昔々、ここから離れたニューヨークにワシントンハイツという場所があった」と語り、拳でリズムをとると、歌とダンスであふれたワシントンハイツでの日常が展開される。原作は保守的とされるブロードウェイで初めて本格的にラップを持ち込み評価された作品というだけあって、歌の一部にラップが使用されているところが印象的だ。

 映像の後半には、キャストが重力に逆らい建物の外壁で垂直に踊るアッと驚くシーンや、人々が一斉にプールや路上で踊る群舞シーンなど、躍動感あふれる圧巻のパフォーマンスがふんだんに盛り込まれている。往年の名作ミュージカル映画をほうふつとさせる映像美に期待が高まると同時に、「どんな時も僕らは立ち上がる。自分だけの夢を追い続けろ」などと力強く訴える楽曲の歌詞から、エモーショナルな作品でもあることも伺える予告映像となっている。

 ビジュアルは、街のシンボルであるジョージ・ワシントン・ブリッジを背景に、主役4人の踊る姿がダイナミックに描かれたもの。ウスナビとヴァネッサ(メリッサ・バレラ)、ベニー(コーリー)とニーナ(レスリー)がそれぞれ手を取り合っており、彼らの劇中の恋模様を想像させるビジュアルとなっている。

 映画『イン・ザ・ハイツ』は7月30日より全国公開。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク