『六番目の小夜子』再放送、10代の栗山千明に「美少女すぎる」と反響 トレンド入り

『六番目の小夜子』再放送、10代の栗山千明に「美少女すぎる」と反響 トレンド入り
拡大する(全1枚)

 2000年に放送され、鈴木杏栗山千明山田孝之らが出演した学園ドラマ『六番目の小夜子』(NHK総合)が30日に再放送され、当時10代だった栗山千明の美しさにネット上で注目が集まり、ツイッターでは一時「栗山千明」がトレンド入りした。

【写真】鈴木杏&勝地涼、21年前『六番目の小夜子』思い出ショット

 本作は、とある中学校に伝わる「サヨコ伝説」と、この中学校に突然やって来た、奇しくも“サヨコ”という名の謎の転校生をめぐっての、少年少女たちの友情、そして、子どもたちにとって学校とは何かを、ミステリータッチで描く学園ドラマ。2000年4月~6月にNHK Eテレで放送された。原作は恩田陸のデビュー作 『六番目の小夜子』。

 今回の再放送は、総合テレビの企画『深夜のイッキ見!まつり』(NHK総合/7月23日深夜~9月5日深夜放送)の一環で、同作は全12回を30日から8月1日までの深夜に再放送される。

 潮田玲(鈴木杏)の通う中学校では、三年に一度、サヨコと名乗る生徒が選ばれて、三つの約束を果たす、という言い伝えがあった。玲は自分が選ばれたことにしたくて、始業式の早朝学校へ行くが、自分より先にサヨコらしき痕跡を残した生徒を見かける。それは津村沙世子(栗山千明)という転校生の疑いがあり、玲は隣に住む友人の関根秋(山田孝之)やバスケ部の友人・花宮雅子(松本まりか)と協力して、サヨコの謎を解き始める。

 第1話、栗山が転校生の沙世子として教室に迎い入れられるシーンで登場すると、ネット上には「栗山千明が美少女すぎる……」「栗山千明様、お顔が完成されすぎててびっくり」「栗山千明 めっちゃべっぴんさんだった、、ミステリアスな美しさで、小夜子役ピッタリ。。」「美しさが凄い」といった反響が殺到し、「栗山千明」が一時トレンド入りを果たした。

 そのほかにも、現在も活躍する俳優たちの10代の姿に「みんな若い!」「山田孝之は美少年だし、松本まりかと栗山千明はすでに完成してた」といった反響が多数寄せられ、ドラマのタイトルもトレンド入りしていた。

当時の記事を読む

栗山千明のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「栗山千明」に関する記事

「栗山千明」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「栗山千明」の記事

次に読みたい「栗山千明」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク