阿部寛×横浜流星『DCU』、山崎育三郎、趣里、市川実日子ら個性派キャスト集結

阿部寛×横浜流星『DCU』、山崎育三郎、趣里、市川実日子ら個性派キャスト集結
拡大する(全1枚)

 俳優の阿部寛が主演し、横浜流星が共演する2022年1月スタートの日曜劇場『DCU』(TBS系/毎週日曜21時)より、舞台となる水中捜査を行うスペシャリスト集団「DCU」に関わるキャストとして、俳優の山崎育三郎、女優の趣里、市川実日子ら新たに5人の出演が発表された。

【写真】リアリティーを追求! ダイバー姿の阿部寛

 本作は、水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台に、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリー。「DCU」は、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団。彼らの使命は、従来の海上水域だけでなく警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜り隠された証拠を探し事件を解決することだ。

 今まで『新参者』『下町ロケット』『ドラゴン桜』など、日曜劇場で数々の作品に主演してきた阿部が演じるのは、DCUの隊長でルールを無視してでも必ず真実を突き詰めるまで諦めない男・新名正義役。そしてそんな新名とバディを組むことになる有能なダイバー・瀬能陽生役で、横浜が日曜劇場初出演、阿部とは初共演を果たす。

 このたび発表されたのは、DCUや阿部ふんする新名を取り巻くキャスト陣。

 山崎が演じるのは、DCUと捜査会議などで頻繁に顔を合わせることになる警視庁公安一課の刑事・清水健治役。2015年に放送された阿部主演の『下町ロケット』で民放連続ドラマ初出演を果たしたという山崎は、「あれから6年が経ち、再び阿部寛さん主演の日曜劇場に出演させていただくことを心からうれしく思います」と語り、「常に阿部さん演じる新名を追いかけ回し、DCUとは別の角度から事件解決に挑みます」とその役どころについて語った。

 趣里が演じるのは、DCUサイバー班職員として捜査のサポートを担う電子情報分析のスペシャリスト・神田瑠璃役。趣里は、「事件解決に向けて組織の中でしっかりとコミュニケーションを取りながらアシストできるよう、全てに全力で向き合っていきたいと思っています」とコメントした。

 そのほか、DCU科学捜査班班長で新名の交際相手の黒江真子役で市川実日子、DCU副隊長・西野斗真役で高橋光臣、海上保安庁次長・早川守役で春風亭昇太が出演することも発表された。

 日曜劇場『DCU』は、TBS系にて2022年1月より毎週日曜21時放送。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

阿部寛のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「阿部寛」に関する記事

「阿部寛」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「阿部寛」の記事

次に読みたい「阿部寛」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク