松下洸平×白洲迅×木下晴香『夜来香ラプソディ』、メインビジュアル解禁
拡大する(全1枚)

 俳優の松下洸平が作曲家・服部良一役で主演を務め、2022年3月から上演される新作音楽劇『夜来香(イエライシャン)ラプソディ』(東京・Bunkamuraシアターコクーンほか)より、メインビジュアルが解禁された。

【写真】松下洸平、『最愛』オフショット多数公開「大好きな人たちしか写ってないな」

 本作は、第二次世界大戦末期、租界という治外法権が存在し“魔都”とも称された都市・上海を舞台に、「蘇州夜曲」や「別れのブルース」などを作曲した新進気鋭の作曲家・服部良一(松下)を中心に、「夜来香」の作曲家・黎錦光(白洲迅)や、絶世の歌姫・李香蘭(木下晴香)などさまざまな人々が音楽を通じて絆を結び、人種やイデオロギーの壁を乗り越えコンサートを開催しようした、葛藤と夢を描く。

 発表済みの3名のキャストに加え、山西惇山内圭哉壮一帆上山竜治夢咲ねね仙名彩世の出演が新たに発表された。

 チケットは12月24日から主催キューブのメルマガ会員「cubit club plus」の最速先行予約、各ファンクラブ先行予約がスタート。一般発売は、東京、名古屋、大阪公演は2022年2月12日、長岡公演は2月18日発売となる。

 cube 25th presents 音楽劇『夜来香ラプソディ』は、東京・Bunkamuraシアターコクーンにて2022年3月12~27日、名古屋・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールにて4月3日、大阪・サンケイホールブリーゼにて4月7~10日、新潟・長岡市立劇場にて4月16日上演。