『007 スカイフォール』で共演を果たしたダニエル・クレイグハビエル・バルデム。実は誕生日が1日違いの二人は、共同で誕生日パーティーを行ったそうだが、なんと、ハビエルは女装でケーキから飛び出し、マリリン・モンローの真似でバースデーソングを歌い、誕生日をお祝いしたそうだ。



【写真】ダニエルとハビエルが対峙『007 スカイフォール』フォトギャラリー

 2012年に公開された『007 スカイフォール』で共演し、すっかり親しくなったという二人が、対談企画Variety’s Actors on Actorsで再会を果たした。

 ハビエルは、ニコール・キッドマンと共演した映画『愛すべき夫妻の秘密』の演技が評価され、今年度のオスカー候補との呼び声も高いが、作品の中では歌声も披露している。

 ダニエルがこのシーンについて、「歌うシーンはどうだった? 歌えるなんて知らなかった」と質問すると、「ああ、ボンドガール風のドレスでケーキから飛び出してバースデーソングを歌った以外は、ミュージカルの経験はあまりなかったよ」と驚きのエピソードを告白。ダニエルも「ハッピーバースデーを歌ったよね」と思い出して大爆笑している。

 「マリリン・モンローのモノマネでバースデーソングを歌ったよな。(『愛すべき夫妻の秘密』のチームに)歌うよう指示されたとき、『本気か? 本当に歌わせたいのか?』と思ったけど、やってみたよ」と振り返った。


 『007 スカイフォール』では、ジュディ・デンチ演じるMと、ボンドの過去を暴き、MI6を狂気の渦に巻き込んだハビエルだが、その裏では、楽しい交流があったようだ。ハビエルは、このパーティーを「俺はあの夜のボンドガールだったよな」と振り返っている。