「BRIO」休刊は光文社前社長への当てこすりだった!?
拡大する(全1枚)
「BRIO (ブリオ)」2009年05月号

伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ギョーカイの内部情報を拾い上げ、磨きをかけた秘話&提言。

 今年度の赤字が50億円とも言われ、倒産説さえささやかれる中堅出版社の光文社。その光文社が発行する男性向けライフスタイルマガジン「BRIO(ブリオ)」(月刊)が、2009年6月24日発売の8月号をもって休刊することが明らかになった。昨年の「フラッシュEX」に続く同社の雑誌休刊だが、今回の「ブリオ」休刊には首を傾げる関係者は多い。

「『ブリオ』は3月売りの5月号で創刊10周年にあたる。それを記念し、今後1年間表紙を俳優の沢村一樹でいくという専属契約を発表し、また版型もリニューアルした。また10周年を記念して、WEBサイト『BRIOオンライン』をオープンしたばかり。そのため、なぜこの時期にという疑問の声が内外から上がっているんです」(出版関係者)

 出版業界でも、「次は『JJ』が休刊か」といわれていただけに、今回の「ブリオ休刊」は不可解だ。

 その謎を解明する有力な説が、前社長で現在は会長をつとめる並河会長にあるといわれている。

「光文社は、毎年50億円以上といわれる赤字を出し、巨額の負債を抱えています。この負債は並河良前社長時代に膨れ上がったもの。しかも、その額は昨年、社長が交代して初めて発覚したものですが、並河氏は会長の座にとどまっている。その並河会長が創刊編集長をつとめ、最後までこだわっていた雑誌が『ブリオ』だった。社長になってからも、並河会長はプランや編集方針に口を出すなど、特別扱いしていたんです。そのため現経営陣が、並河会長へのあてつけに『ブリオ』休刊を決めた、といわれています」(出版事情に詳しい評論家)

 光文社の惨状を考えると、そんな大人気ないことをやっている場合ではないと思うのだが。
(文=神林広恵)



【関連記事】 使途不明金40億円!? 光文社取締役が突然辞任の怪
【関連記事】 鈴木宗男×青木理対談 「脅迫を行う検察に、真実などない!」
【関連記事】 大英断!? 夕刊紙「内外タイムス」が紙面から"エロ"を一掃した!