どれだけ演技力があっても酷評される! セレブを悩ます訛り問題

どれだけ演技力があっても酷評される! セレブを悩ます訛り問題
ジョリ姐はもう『極妻』を岩下志麻訛りでやれば<br />いいと思うの

 アメリカも日本同様、地域により訛りがある。移民も多く、みなさまざまなアクセントで会話をするため、日常生活の中で訛りをとやかく言われることはない。しかし、映画となると話は別である。英語とはいえ出身地と異なる役を演じる場合、役者たちはアクセント・コーチから方言指導を受ける。相当な努力をして役を演じるわけだが、中にはひどい訛りになってしまう役者もおり、評論家やメディアから叩かれてしまう。

 今回は、アメリカ・イギリスの大手メディア&芸能誌・サイトが酷評する、映画での訛りが目も当てられないほどイタいセレブ・スターの中から、特に「訛りのひどいセレブ5」を紹介。

■第5位 『K-19』のハリソン・フォード

 1961年に、旧ソ連の原子力潜水艦「K-19」が原子炉冷却材システムにトラブルを起こし、修理班8人全員が高濃度の放射線量を浴びて1週間以内に死亡したという、痛ましい事故を再現した映画『K-19』。この作品で、船長役を演じたハリソン・フォードのロシア訛りがまったくなっていないと、かなり叩かれた。

 手に汗握る展開が続く中、時々思い出したようにひどいロシア訛りになり、長い台詞になるときれいなアメリカ訛りに戻るハリソン。観賞後は、「メルトダウンもそうだが、この訛りをいつまで聞かされるのかが気になって仕方なかった」「耐え難い訛りから解放されホッとする」と書いた批評家もいたほどだった。

■第4位 『コールド マウンテン』のレネー・ゼルウィガー


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月29日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。