横書きで読む名作文学がケータイ世代に人気

 日本語には縦書きと横書きが並存する。最近ではパソコンやケータイの影響からか、横書きでメモをとり、横書きで文章を読むスタイルが定着している。ビジネス書類も、そのほとんどが横書きである。

 しかし、小説においては今もほとんどが縦書きだ。やはり文学に横書きはなじまない、と思っていたところ、ついに横書きの波が小説にまで波及してきた。しかも、名作文学においてである。

 ゴマブックスが「ケータイ名作文学」というシリーズを刊行。第一弾として8月1日に太宰治の「人間失格」、夏目漱石の「こころ」を発売。第一弾の2冊は、合計5万部以上を売り上げている。



 8月22日には第二弾として、芥川龍之介の「蜘蛛の糸 他8編」、太宰治の「斜陽」、夏目漱石「坊っちゃん」が発売された。

 これらの作品群は、ゴマブックスが運営するケータイ小説サイト「おりおん☆」で無料で公開された小説60作品のうち、閲覧回数の多かったものだ。

 いずれも名作といわれる文学だけに、現代のケータイ小説とは趣が違う。改行も少なく、歴史的仮名遣いが多いために、ただ単に縦書きを横書きに変換しただけでは、ケータイ世代には受け入れづらい。

 そこで、読みやすいように文字は大きめのサイズを採用し、字間や行間はゆったりとした間隔に。難しい漢字にはルビを振るなどの工夫も施されている。

 また、巻頭には小説内に登場する印象的な文章を抜粋して掲載。本文中の難しい単語には注釈が施され、理解しやすいように配慮がなされている。巻末には、読者の感想が並んでいるのも特徴的だ。ある意味、雑誌的なアプローチといってもいいだろう。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年9月8日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。