この動悸は怖い? 怖くない?中高年男性と頻脈性不整脈

この動悸は怖い? 怖くない?中高年男性と頻脈性不整脈
       
 商談中に突然脈が速くなったSさん、54歳。一過性だったが、以来ちょっとした動悸も気に病んでしまう──。

 人間30歳を過ぎれば誰でも不整脈持ちになる。心臓に電気刺激を送り、リズミカルに動かす「刺激伝導経路」が加齢とともに異常を起こすからだ。多くは期外収縮、いわゆる「脈が飛ぶ」状態。たまたま心電図で捕捉されることもあるが、自覚症状がないなら心配無用。「オレも歳をとったなぁ」くらいでちょうどよい。

 それなら怖い不整脈は? というと、筆頭は動悸とともに「急に意識がなくなる」「意識がふうっとする」タイプ。一時的に心臓が止まっているか、極端な頻脈の可能性がある。一度でも失神症状が出たら即、専門外来を受診しよう。

 次に怖いのは突然の動悸。特に脈拍数が1分間に140~200にもなり、脈を探ることすら難しい高速回転の頻脈が「突然始まり、突然治まる」場合は要注意。これに冷や汗が出る、息苦しいなどの症状を伴うなら「病的」な頻脈が疑われる。「発作性上室性頻拍」や「心室頻拍」の可能性があり、こちらも速やかな受診が肝心だ。

 同じ頻脈でも中高年層に多いのは脈拍がバラバラで、しかも速く打つ「心“房”細動」。時にめまいや息苦しさを生じるが、意識は明晰なまま。一瞬、不安になるが心筋梗塞など他の心疾患がない限り、直接死につながることはまずありえない。ほかに症状がなければ不整脈の治療も不要だ。ただ最近は、心房細動があると高い確率で

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月23日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。