神奈川大学 理学部 堀 久男 教授の研究グループが、有機フッ素化合物「フッ素テロマー界面活性剤」の高効率な分解・無機化に成功しました。

神奈川大学 理学部 堀 久男 教授の研究グループが、有機フッ素化合物「フッ素テロマー界面活性剤」の高効率な分解・無機化に成功しました。
拡大する(全1枚)
堀 久男 教授(理学部)の研究グループが、有機フッ素化合物「フッ素テロマー界面活性剤」の高効率な分解・無機化に成功しました。


【本件のポイント】
フッ素テロマー界面活性剤とはペルフルオロアルキル基にエチレン基が結合し た構造に、さまざまな官能基が結合して界面活性剤としての機能を持つ有機フッ素化合物。
 フッ素テロマー界面活性剤は炭素・フッ素結合よりも弱い炭素・水素結合を持つ。このため環境 残留性が問題となっているペルフルオロオクタンスルホン酸やペルフルオロオクタン酸のような、末端官能基以外が全てペルフルオロアルキル基で構成される化合物よりも容易に分解しそうであるが、フッ化物イオンまで分解させることは難しかった。
 今回対象としたのはPFOS/PFOA代替物質で FSC と呼ばれる高機能なフッ素テロマー界面活 性剤。過マンガン酸カリウムと酸素ガスを共存させた亜臨界水反応でフッ化物イオン、二酸化炭 素および硫酸イオンまで効果的に分解できることを発見した。

※詳細はPDFを参照


【プロフィール】
理学部 化学科 教授 堀 久男
【略歴】
2010 年 4 月~現在 神奈川大学理学部 教授
2004 年 5 月~2010 年 3 月 独立行政法人(現国立研究開発法人)産業技術総合研究所 環境管理技 術研究部門 研究グループ長
2001 年 4 月~2004 年 4 月 独立行政法人 産業技術総合研究所 環境管理技術研究部門 主任研究員

当時の記事を読む

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月1日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。