Suica通勤定期券ユーザー向けのサブスク実証実験が開始に

favyはサブスクリプションシステムを中心とする店舗DXに強みを持つベンチャーテック企業として成長を続けており、このJR東日本グループの構想を実現するためのデジタル面における支援で協同することとなった。

JR東日本のサブスクサービスは「JREパスポート」の名称で運用されるものとなる。利用希望者は該当のサブスクプランを購入し、店舗で会員証を提示、すると該当の特典やサービスが毎日受けられるようになる。

トライアル提供開始となるのは以下の6つのサービスだ。

1つ目は、上野駅、秋葉原駅、八王子駅の「ベックスコーヒー」で会員証を提示すると、来店ごとにブレンドコーヒーのM1杯(HOT/ICE・通常300円)が無料で、Lサイズは1杯50円で提供されるもの。1日3回まで駅を問わず利用でき、月額2,500円となる。

2つ目は、「ベックスマイボトルプラン」で、同じく3駅の「ベックスコーヒー」において、会員証を提示し、マイボトルを持参すると、それに注ぐかたちでのテイクアウト提供で、ブレンドコーヒーM1杯(HOT/ICE)が無料になる。Lサイズ量の場合は1杯50円で、1日3回まで3駅全店舗で使えるという。こちらは月額1,500円になる。

3つ目は、上野駅、秋葉原駅、八王子駅の「いろり庵きらく」を対象とする「きらくトッピングプラン」で、会員証を提示すると、そばの注文時にトッピング1品が無料になる。選べるトッピングはかき揚げ、ちくわ天、とり天、コロッケ、たぬき、きつねの5種類。1日1回まで3駅全店舗で利用でき、月額1,000円となる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「Suica」に関する記事

「Suica」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Suica」の記事

次に読みたい「Suica」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク