賃貸物件状況がリアルタイムで把握できるシステムがリリース

賃貸物件状況がリアルタイムで把握できるシステムがリリース
拡大する(全1枚)
不動産管理会社と仲介会社をつなぐ
2021年9月24日、株式会社いえらぶGROUPは、不動産業者向け流通プラットフォームサービス「いえらぶBB」の無料リリースを発表した。

このサービスは、約12,000社が扱う基幹システムである「いえらぶCLOUD」「らくらく賃貸管理」と連動するため、リアルタイムで物件の空き情報などを把握することが可能である。

また、物件の内覧確認もリモートで可能となっており、現地に行かずして状態の把握ができる。

これらはコロナ禍における、感染防止観点での非対面と、スピードを重視できるリアルタイムでの電子処理も実現することができる。
今までの仲介は手間が掛かっていた
賃貸など物件を紹介するまでには、仲介業者による実際に内覧した物件確認が必要であるが、実際の物件に足を運んで確認するため、かなりの手間となっていた。

また、入居希望者に紹介するまでに空き物件が埋まってしまう、物件の細かな情報が変わってしまう、といった時間的ラグによる即時性という点がネックとなっていた。

今回は、これらの問題を解決することで、入居希望者をガッカリさせない体制が整ったと考えられ、より良い仲介につなげられると期待されている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク