bit

歴史ファンも納得! 『歴史人物かるた』で遊ぶ

歴史ファンも納得! 『歴史人物かるた』で遊ぶ
もうすぐお正月。このかるたで遊びながら歴史に詳しくなってみませんか。
寒さも本格化した今日この頃、トランプやかるたの出番となる季節でもある。
そんななか、見つけたのが、コレ。『歴史人物かるた 日本を動かした44人』(小峰書店)だ。

小学校の歴史で習う最重要人物44人として、誰が選ばれているのかも気になるところだけど、「かるた」と言うからには、当然、五十音で始めなければいけないわけで……。
これ、実はけっこう難儀な作業である。そもそも、日本の歴史で重要な人物を順に思い浮かべたところ、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康……。あ! 豊臣も徳川も「と」だ。いきなり愚かにも、3人目で、頭の文字がかぶってしまったではないか。人名ではなく、業績や関連事項でも、やっぱり早々にかぶってしまいそう。

版元の小峰書店に聞いてみると……。
「これは非常に向こう見ずな企画でした。44人の人物を『あいうえお』に当てはめるのに、まず苦労いたしました。人物ごとの業績を織り込んだうえで、44音に振り分けなければならないのはもちろん、たとえば、『武士』とか『仏教』などのきわめて重要な用語でも、かるたの性質上、濁点がついている言葉は頭にもってくることができません。先輩たちとともに、頭を悩ませながら、言葉をひねり出しました」
と、編集部の渡邊航さん。

絵札の裏には学習に役立つひとくち解説として、「時代」「出身地」「人物」「業績」などが書かれていて、子どもの勉強に役立ちそうなのだが、注目したいのは、絵札の背景。非常に凝っており、大人の歴史ファンも細かな発見を楽しめるつくりになっているのだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年11月28日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース