bit

PC電源のワット数の意味は?

パソコンの電源ユニットには「○○W」という電源容量の表示が必ず書かれている。実はこの違いによって、パソコン性能に大きな差が出るのだ。今回はその違いの中身について紹介してみる。

筆者が数年前に購入したデスクトップPCは電源容量が150W。これってかなり少ないタイプで、購入のときショップ店員から
「このパソコンは電源が小さいからビデオカードは増設できませんよ」と言われた。ま、オンボードの画面出力で十分と思ったので、迷いなく購入したが、今は後悔している。今になって3D動画が見たくなったのだが、そのためのビデオカードを装着できないから。

「通常のビデオカードを使用するには500~600Wは必要です」(ユニットコム)
150Wでは明らかに電力不足である。電源はパソコンの心臓のようなもの。心臓が送り出す血液の量が少なければ、体が思うように動かないのと一緒。では、なるべく大きい電源ユニットに買い替えればいいのか。パソコンショップの話を聞くと、そうでもないらしい。
「ワット数が大きくても、コンデンサなどのパーツの品質によって寿命や電力変換効率が異なります」(同)
では、何を目安に選べばいいのか。

ひとつは重さ。店頭で製品を手で持ったとき、ずっしり重いものがたいてい高品質だという。また、「保証期間」が長いものもお勧め。さらに、「80PLUS」というマークの有無も参考になる。これは電源変換効率80%以上を達成した電源ユニットに与えられるマークで、「GOLD SILVER BRONZE なし」の4段階で効率性のレベルを表す。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク