鈴井さんの演劇への強い想いと葛藤は、今回発売された自伝的私小説第二弾『ダメダメ人間~それでも走りつづけた半生記』にもたびたび登場する。この秋、役者としてじつに12年ぶりに舞台に立つ鈴井さんに、今の想いを聞いてみた。
(Part1はこちら

――来月6日に旗揚げ公演を控えた「OOPARTS」(オーパーツ)は、かつて鈴井さんが主宰していた劇団(1998年に解散)と同じ名前ですが、劇団としての復活ではない…?

鈴井 劇団ではなく、あくまでもソロプロジェクトという位置づけですね。この本にも書きましたけど、ちょっとダークな内容の作品を作ろうとすると「どうしたの!?」と驚かれ、「“ミスター”のイメージと違う!」と反対される。それは僕にとって、とても不自由で面倒くさい。ならば、いっそのこと、鈴井貴之という名前は“ミスター”のためにとっておいて、新たに別のフィールドをつくってしまおうと考えたんです。

――今回の本にも、鈴井さんの初監督作品である映画「man-hole」を巡って「らしい・らしくない」問題が勃発したエピソードが登場します。

鈴井 北海道だけに限定すると、ダーク寄りのキャラとして認知されている部分もあるんですけどね。道民の僕に対するイメージは「毒舌」「恐い」「殺される」(笑)。ラジオ番組に届いたファックスを時には人目もはばからず、ガンガン破り捨てたりしてましたから。

――今月からいよいよ、本格的な稽古が始まりました。12年ぶりの舞台はいかがですか。

この記事の画像

「〈鈴井貴之(ミスター)・新刊インタビューpart2〉役者・鈴井貴之の生前葬!?」の画像1 「〈鈴井貴之(ミスター)・新刊インタビューpart2〉役者・鈴井貴之の生前葬!?」の画像2