review

朗読がマンガになるってどういうこと? イメージの爆弾『花もて語れ』

朗読がマンガになるってどういうこと? イメージの爆弾『花もて語れ』
朗読ってパワフル! ダイナミック! エキサイティング! 日本初の朗読マンガは、物語を音読することでイメージを具現化する楽しさを徹底的に描いた、とても熱血な作品だ!
「朗読」を描いたマンガ『花もて語れ』 が恐ろしいほど激しいので、書かずにいられなくなりましたよ僕は! 朗読をなめていた、朗読すげえ! それをマンガで描いたこの作品恐ろしい!

「朗読」って言葉だけ聞くと、地味な印象ありますよね。ようは文章を声に出して読むだけでしょう、と。失礼ながら自分も演劇や歌に比べて朗読はあまりぱっとしない思い込みがありました。そもそも本を読むなら黙読の方が早いじゃないか。朗読するならいっそ劇にして動きも見せたほうが面白いじゃないかと。
しかし違うのです。朗読は相手の脳に、映画を投影するかのごときパワーを持っているのです。
片山ユキヲ『花もて語れ』のヒロイン佐倉ハナは、人と話すのが極端に苦手な、コミュニケーションを取ることが出来ない女性なんです。嫌われるかもしれない、迷惑かけてしまうかもしれない、何言えばいいか分からない。ひたすらに一人で空想をするのが大好きなんです。
寝転がって空想をする。この行為を片山ユキヲは全力で肯定します。細部を思い浮かべ、頭の中で絵を描き、想像したキャラの目線で物語を作る。一見無駄に見えることですが、これこそが人間の持つイメージの力なのだと叫ぶのです。

ハナは持ち前の想像力を駆使して、物語を朗読します。最初は「たかが朗読」と笑われました。しかし宮沢賢治の「やまなし」を読んで相手にその場面を伝える、津波のような情報量を想像できるでしょうか。
「クラムボンはかぷかぷわらったよ」

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2010年10月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース