review

優柔不断さん必読! カリスマ編集者の考えた『2択思考』って?

優柔不断さん必読! カリスマ編集者の考えた『2択思考』って?
「読む」か「読まない」か。迷うくらいなら、それは前のめりに「読む」の1択と言っていいのかも
「『2択思考』はデジタルな言葉の印象と違って、とてもアナログ的な考え方です。」

昨日、発売された『2択思考』の前書きにこんな一文があった。著者は編集者・石黒謙吾。「分類王」(事象を細かく分類して、そこに法則を見つけたい人)、「ダジャリエ」(ダジャレ界のソムリエ)など数々の“称号”を持ち、30代でフリーランスになって以来、百数十冊もの書籍を世に送り出してきた。

心が見えるようになるってホント?

そもそも『2択思考』とはなにか。第1章では「私たちは日々、数百~数千の決断を繰り返している」という項目がある。例えば居酒屋のメニューから注文を選ぶのにも「嫌いなものを振り落とす」2択を繰り返した先にあるものであるように、あらゆる日常は、選択・決断の積み重ねで成り立っている。そもそもの選択肢は膨大にあり、そのひとつひとつを意識することで、「決断が早くなる」「自己分析ができるようになる」「会話のセンスがよくなる」「人の心が見えるようになってくる」という。ふむ。『2択思考』ができるようになっておいてソンはなさそうだ。

2択において、ハードルを上げすぎてはならない

そこで早速、知人と待ち合わせたバーでこの『2択思考』を試してみた。本を開くと「オーダーに迷ったらトーナメント方式で」と書いてある。「甘い←→甘くない」「ガブガブ飲める←→ちびちび飲む」など自分なりの基準を決めて、甲子園のようにトーナメントを行い、優勝校を頼めばいいってことか。おあつらえ向きに、目の前にはものすごい数のリキュールやウイスキーが。ビールや焼酎、日本酒まで数百種が並んでいる。カクテルなども含めると文字通り無限の組み合わせが考えられる。さてトーナメントの開催だ!

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2010年10月22日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら