bit

話題の「離婚式」にテーマソングが誕生、演奏時間に込められた意味とは

話題の「離婚式」にテーマソングが誕生、演奏時間に込められた意味とは
離婚式ソングを歌うバンド・ヘチマ流星群。
11月22日といえば「いい夫婦の日」。その起源は20年以上前にさかのぼることもあり、語呂合わせの記念日とはいえ、普段何気なく生活を共にする仲を年に一度見つめ直すという意味でかなり定着してきたように思われる。そんなこの日、夫婦仲を見つめ直す究極の行為に革命をもたらすかもしれないある一曲がベールを脱いだ。その名は「離婚式ソング」だ。

せっかくの日に縁起でもないことを、などと思うなかれ。婚活が一般的になってきている一方で「リカツ」なる言葉も生まれるなど、離婚もかつてと比べてそれほど特別な事象ではなく無くなっているのが現状。読者諸兄諸姉の知り合いにも最低一人くらい、離婚経験者がいるのではないだろうか。そんな日常茶飯事になっている行為を、なるべくポジティブな形で収めたいと考える風潮が生まれても何らおかしくないともいえよう。その流れがこの「離婚式ソング」の誕生につながったというわけだ。

「離婚式ソング」をプロデュースしたのは、以前当コネタコーナーで取り上げた日本初の「離婚式プランナー」、寺井広樹さんだ。

直近11月21日までに53組の離婚式をプロデュースしてきたという寺井さんは、結婚式には定番のウエディングソングがある一方で、離婚式にもそれに相当する歌が必要と感じていた。これまでに「離婚式でぜひ歌わせてほしい」と自作曲を持ち込んで式で歌うケースはあったそうだが、離婚式をよく知る人間が作ったほうが一番響くのではないかと思い立ち、結局寺井さん自らが作詞。今年8月にバンド「ヘチマ流星群」を結成し、ベース担当の米国人アーティスト・泥流(デール)さんが曲をつけて、この日の披露となった。

あわせて読みたい

  • 「離婚報告」はカードでスマートに!?

    「離婚報告」はカードでスマートに!?

  • コネタの記事をもっと見る 2010年11月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース