review

「ザンダクロスは合体ロボットに」『鉄人兵団』小説化実現まで〈瀬名秀明「ドラえもん」インタビュー2〉

Kさんと1時間くらい話をして、なんとなくのプロットというか、メモ書きを渡しました。ザンダクロスは合体ロボットにしようかとか書いてある(笑)。最初は、どういう年齢層にするのかが難しかったんです。

――読者の対象をですか?

瀬名 小学館さんにはジュニアシネマ文庫っていうのがあるんです。最初はその枠で、っていう話だったんです。分量が原稿用紙で200~250枚ぐらい。でもそれだとなかなか書ききれないだろうから、400~450枚くらいで書かせてくれと。

――そこまで固まってから藤子プロとお話をなさったんですね。

瀬名 そうです。小説はこういうふうにやらせてくださいという話を3点しました。まず対象年齢をちょっと上げて14歳くらいで書かせてくださいと。あと、やはり先生のストーリーを大切にしたいという藤子プロさんのお気持ちを感じたので、「そこはご安心ください。ストーリーは藤子先生のそのままで行きます」とお伝えしました。ただ3つ目として、小説という別のメディアなので、そこは小説としてのリアリティを出させていただきますと。そこは作家なのでやらせてくださいということです。

――当然のことですよね。

瀬名 ということで、キャラクターの感情描写とかSF的な整合性の取り方とか、そういうことは任せてくださいという話をしたと思うんですね。そのとき藤子プロが例として挙げられたのが、鴻上尚史さんがやられた舞台版の『のび太とアニマル惑星(プラネット)』...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2011年4月1日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース