review

でんぐりがえっておぱんちゅ きらり☆『僕の妹は漢字が読める』が正統派文学!?

でんぐりがえっておぱんちゅ きらり☆『僕の妹は漢字が読める』が正統派文学!?
『僕の妹は漢字が読める』(かじいたかし/HJ文庫)  作中に登場する『きらりん! おぱんちゅ おそらいろ』が読みたいです!
おぱんちゅ きらり☆
今週の口癖はこれだ!
かじいたかし『僕の妹は漢字が読める』を読んじゃったせいで、自然と日に三回は言ってるな。
「理想のリーダーのイメージって何ですか?」
「おぱんちゅ きらり☆」
来週の大学の授業も、第一声目は「おぱんちゅ きらり☆」でいきたいと思う(無理)。

社会的生活を崩壊させかねぬほどに我が脳に多大な影響を与える非正当派文学『僕の妹は漢字が読める』は、第5回ノベルジャパン大賞銀賞受賞作品。

「問題作は、大賞を受賞せず」の法則通り大賞じゃなくて銀賞。
大賞はね王道なヤツが取るんですよ(っても大賞受賞作『オレと彼女の絶対領域』は読んでないんだけどな。ストーリー紹介読むと王道っぽいっす!)。
でね、「おもしろすぎるし、エッジとがりすぎるし、邪道すぎるでしょ!」っつーのが、銀賞とか特別賞とかとるってのがライトノベル界の影の七大法則のうちのひとつ。
法則通りっ。
おぱんちゅ きらり☆
『僕の妹は漢字が読める』は、設定のぶっとばしっぷりが半端ない。
萌えが支配している未来世界。
なにしろ総理大臣は、二次元美少女が務めている。国民の実妹という設定のニャモちゃんが七代めの二次元総理だ。
“僕たちがふだん使う現代文では漢字を一切使わない。漢字は近代文―十九世紀後半から二十一世紀後半まで使用された―を最後に、役目を終えた”
という時代なのだ。

主人公のイモセ・ギンと義妹のクロハのふたりが正当派文学の大作家オオダイラ先生に会いにいくところから物語は始まる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年7月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。