review

1年で105キロから85キロの減量に成功した理由とは? ゲッツ板谷『板谷式つまみ食いダイエット』

1年で105キロから85キロの減量に成功した理由とは? ゲッツ板谷『板谷式つまみ食いダイエット』
『板谷式つまみ食いダイエット』ゲッツ板谷/角川書店
えっ、これってマジなの!?
ギャグ・ライター(ときどき作家)のゲッツ板谷が、角川書店「本の旅人」でダイエットの連載企画を始めたのは昨夏のことだった。しかも連載2回目では105kgあった体重を20キロ減らして85キロ以下まで減らすという無茶な宣言をする始末。
ありえないでしょう、それは。
○び太に目でピーナッツを噛ませるぐらいに無理でしょう!

ここでゲッツ板谷が誰か知らない人のために簡単に紹介をしておこう。
ゲッツ板谷。1964年、東京都立川市生まれ。10代のころはヤクザ予備軍などで大忙しだったが、その後自宅警備員などの職を経てライターとしてデビュー。「パチンコ必勝ガイド」で原稿を書きまくり人気を博す。やがてカメラマン・鴨志田穣とコンビを組んだ『タイ怪人紀行』などのルポルタージュや、自分の家族のおそるべきバカぶりを暴露した『板谷バカ三代』『やっぱし板谷バカ三代』、「最終回でマイケル・ジョーダンに会えるかもね」という編集者の言葉を真に受けて始めてしまった連続インタビュー企画『わらしべ偉人伝』などの著作で爆笑ライターとしての地位を確立。勢いに乗って書いた初の小説『ワルボロ』は漫画化・映画化が行われるなどのヒット作となった――。

といろいろ書いたが、ゲッツ板谷の凄さを表現するのは以下の一文があれば十分だ。
「西原理恵子をさし絵画家に選んだ作品で、文章が絵に負けなかったライターはゲッツ板谷しかいない」
山崎○夫だって神○裕司だって佐藤○だって清水義○だって伊集院○だって。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「連載 + 漫画」のおすすめ記事

「連載 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月31日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連載 漫画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。