review

クエスチョンクエスチョンクエスチョンや! 川藤幸三がビジネスを説いた『代打人生論』

クエスチョンクエスチョンクエスチョンや! 川藤幸三がビジネスを説いた『代打人生論』
『代打人生論 ~ピンチで必要とされる生き方~』川藤幸三/扶桑社新書<br />最近バラエティ番組に呼ばれることも多くなった川藤幸三氏。<br />「チャンス」で呼ばれてたいた男が「ピンチで必要とされる生き方」を語るのがまた面白い。
あの川藤幸三がビジネス本を発売。と聞いて「?」マークが浮かぶのは正常な反応だ。
解説者として呼ばれてアナウンサーに話をふられても「黙って見とかんかい」と答えたあの川藤が?
技術的な問いかけをされても「今日の清原は目つきが違う」と気合いや根性を重視するあの川藤が?
一体何が書いてあるのか、考えれば考えるほどクエスチョンだ。

タイトル『代打人生論』が示すとおり、川藤幸三氏は1967年に阪神タイガースに入団以来、代打一筋で生き抜いた元プロ野球選手だ。現役19年間での通算安打数211本はイチローの年間安打数よりも下手をすれば少なく、入団以来一度もレギュラーを取れなかったのにファンには愛され続け、1985年の優勝時には監督、主砲・掛布に次いで3番目に胴上げをされたプレーヤーである。
だが、現役時代のイメージがあまりない30代半ばの私の場合、「川藤幸三」と聞いてまず思い出すのはモルツビールのCMだ。

ざこば「川藤ださんかーい!」
コーチ「川藤っ(出番だ)」
川 藤「ハイっ」
ざこば「ホンマに出してどないすんねんww」

実際、川藤の現役時代にはこんなやりとりが甲子園で聞こえていたという。愛されてるのに期待されない。それが川藤幸三の「らしさ」なのは間違いない。だからこそ、今回のビジネス本出版のニュースを聞いたとき、

ざこば「川藤(本でも)ださんかーい!」
編集者「川藤っ(入稿だっ)」
川 藤「ハイっ」
ざこば「ホンマに(本)出してどないすんねんww」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。