review

「あっ、オッパイだ!」自分が一番バカになればいいんだ。赤塚不二夫『酒とバカの日々』

       
赤塚不二夫『酒とバカの日々』をぱらぱらと読んでいたら、赤塚先生が私の大好きな喜劇役者、由利徹について語っているところがあった。ちょっと引用します。

――ボードビリアンの由利徹こそ、オレがもっとも尊敬する人物なんだよ。どのくらいバカかって言うとね、由利さん、長年にわたって喜劇界に貢献したとかで何年かまえに紫綬褒章もらったんだよ。
そのときテレビのリポーターに、“こういうものおもらいになって、どういうお気持ちですか”なんて聞かれたんだ。そうしたら由利さん、なんて答えたと思う。
「あー、女抱きてえ」
そう言ったんだよ。

「少年サンデー」で長年先生の担当記者を務めた武居俊樹が書いた『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』という本がある。その中にとても好きなくだりがあるので、これもちょっと読んでもらいたい。武居記者が赤塚担当を解任され、お別れに二人で飲んだときの話だ。

――二人は、(美空)ひばりの唄を聞きながら、ひたすらビールを飲む。もっと強い酒が欲しい。僕は立っていって、ダルマと、グラスを二つ持ってくる。グラスになみなみとウイスキーを注ぐ。
僕の記憶は、ここまでだ。その夜のことは、ほとんど覚えていない。かすかに覚えているのは、赤塚の言った次のセリフだ。
「ずっと馬鹿でいなよ。利口になりそうになったらね、『お○○こ』って、大声で一〇八回叫ぶんだ。そうすると、また馬鹿に戻れるよ」(括弧内は引用者)

赤塚先生にとってバカであることは、人間としてとても大事な条件だった。先生の長女である赤塚りえ子が書いた

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年10月7日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。