bit

マル印とバツ印のイメージ日独比較

師走に入り、日本各地で開催中のイルミネーション点灯式。「3、2、1、スイッチ オン!」の決まり文句を聞いて思い出したのが、いまだに悩んでしまうドイツの電源スイッチの表示。日本で一般的な電源スイッチのように、「切と入」、または「ONとOFF」のように単語で表示してくれれば一目でわかるのですが、ドイツでは、「-と◯」のように記号で表示されていることが大半なのです。

当然ながら、「-か◯」のどちらかが「切る」で、もう一方が「入る」を表すわけですが、これがなかなか頭の中のイメージと結びつかないのです。例えば、台形と平行四辺形を見せられて、どちらかが「切る」で、もう片方が「入る」ですよと言われているくらい、判断に悩む選択です。あえて言うならば、「-」は消えているイメージ、「◯」は電源が入っているイメージを抱きがちですが、ドイツではちょうど逆。「-」は「点灯」で、「◯」が「消灯」を表す記号です。

「◯」という形を見たドイツ人は、日本人のように「丸」とか「円」ではなくて、数字の「ゼロ」を思い浮かべるようです。確かにドイツでは、血液型のO型も「ゼロ型」と呼ばれていますから、「◯」は即座に「無」を連想させる記号なのでしょう。しかも、選挙の投票用紙にしても、アンケートにしても、該当する欄に記入するのは、◯印ではなくて×印。テストの解答が正解でも、丸は決してつけません。つまり、×印こそが「正しいもの」なのであって、◯印に対してポジティブな印象は持たないわけです。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年12月22日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。