review

女の子が官能的に食べる食べる!『たべるダケ』

またもや素晴らしい才能を持った方が料理漫画界に登場いたしました。高田サンコさんです。昨年の11月30日に1巻が発売された『たべるダケ』でデビューされたのですが、何とデビュー前は栄養士だったそうです。コミックスの帯に「元栄養士の新鋭漫画家…その知識をドブに捨て執筆!」とか書かれちゃっていますが(なんでそうなのかは後述します)。

さて、その「たべるダケ」なのですが、これがすごいんです。ごくごく簡単にストーリーを説明しますと……

1:悩める人がいる
2:その人の前に謎の女の子が登場する
3:どうやらその女の子はとてもお腹が空いているようだ
4:ご飯をおごる
5:食べる
6:解散

いやまあ全ての話がそういうお話というわけじゃないんですが、だいたいこんな感じなのです。だから「たべるダケ」。でも、これがとてもいいんです。

主人公(?)の女の子は単行本1巻分のお話が経過した今でも名前すらわかりません。一応名乗っているっぽいところがあるような感じなのですが、本当に名前なのかわかりづらいコマがあるだけです。わかるのは、ただいつもお腹を空かせているということと、その素敵な食べっぷりだけなのです。

この女の子は本当に幸せそうにご飯を食べます。普段はほとんど台詞は無いけれども「いただきます!」は全力で。そして、ご飯を食べるときもご飯に集中します。一口ご飯を食べるとうれしそうに目を細め、頬は上気し、目尻は下がり、そして目がうるんでいくのです。その官能的な表情は、心底ご飯を食べることが好きなんだなということが伝わってきて、見る人を幸せな気分にさせます。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク