review

上祐さんから見て北朝鮮って、昔のオウムを見ているみたいだなと思います?

村西・“ナイスですね”・とおると新右翼団体「一水会」顧問・鈴木邦男。
「実話ナックルズ」元編集長・久田将義と脱原発活動家・山本太郎。
あるいは、ミュージシャン・大槻ケンヂと自民党所属衆議院議員・河野太郎。
これらがなんの組み合わせかお判りだろうか。
新宿ロフトプラスワンで行われているトークライブ、「思わず聞いてしまいました!!」に登場したゲストなのである。新刊『思わず聞いてしまいました!!』は、その書籍版だ。司会進行役はプチ鹿島と居島一平の芸人2人組である。司会の人選も含め、実に微妙なバランスの上に成り立ったイベントであることが読み進めていくとだんだんわかってくる。

第1回が開催されたのは2010年3月10日、このときのゲストはAV業界の生きた伝説といえる村西とおると、鈴木邦男だった。トークは2部構成で、2人のゲストが共演する場合もあればそうでないときもある。この第1回では、村西監督が喋っている第1部の後半に鈴木邦男が登場するという形で絡みが実現した。
ちなみに、私は鈴木邦男の物言いの感じが好きである。かつて『ゴーマニズム宣言』(「SPA!」連載時)で小林よしのりと対談した際のエピソードをよく覚えている。新右翼と聞いて「どんな『肉体言語』の輩が来るのか」と怯える小林の前に現れた鈴木は、意外なナイスガイだったのだ。身構える小林に付箋を貼りまくって勉強した『ゴー宣』を見せ、話し合いが成立する相手であることをそれとなく知らせる。そうした誠実な態度で、鈴木は漫画家を安心させてみせたのである。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「北朝鮮」に関する記事

「北朝鮮」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク