review

中国、フランスの歴史教科書で日本はどう扱われているのか

中国、フランスの歴史教科書で日本はどう扱われているのか
『新しい世界史へ』(羽田正/岩波新書) 帯の文“「世界はひとつ」という視点が、歴史の描き方を変える”。
       
“1+1はどこの国でも2と教えるが、歴史は国によって教える内容が相当異なっている”
羽田正『新しい世界史へ』(岩波新書)の第二章で、フランスと中国の高校で用いられる歴史教科書が紹介される。
たとえば、フランスの歴史教科書。日本では日本史と世界史をわけて教えるが、フランスではわけない。
世界の歴史を扱う一本立て。ってことになっているのだが、“三巻を通じて、記されているのは、ほぼすべてフランスとその周辺地域の歴史に限られている”のだ。
フランスの歴史教科書で、日本はどう扱われているだろうか?
ほとんど出てこない。日露戦争ではじめて登場する。つまり明治維新以前は、まったく出てこない。
これは、フランスに限った話ではない。イギリス、オランダでも、ほぼ同様。
ヨーロッパ諸国では、非ヨーロッパの過去は、自国と関連しない限りほとんど登場しないのだ。

中国の世界史教科書は、中国史と世界史の二本立て。
特徴的なのは、世界史に中国の歴史がほとんど出てこないということ。
黄河文明も、中華人民共和国建国も出てこない。“あたかも、中国は世界史に何の影響も与えず、世界史は中国なしでも成立しているかのごとくである”
中国に関する事象は「中国史」で扱う、という区分けになっているようだ。
中国の世界史で、日本はどのように扱われているだろう。
“日本で教えられるそれとはかなり異なっている(例 日本は「列強」の一員とみなされている。また、戦前の日本はファシスト国家と定義されている)”

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。