review

会社員はガンダムである

       
“とすると、なんと、会社員はガンダムだったのである。いや、逆だ。ガンダムが会社員だったのだ。”
『会社員とは何者か?』の一節だ。
サブタイトルは、「会社員小説をめぐって」。

「会社員小説とは何か?」をめぐる冒険のようなテキストだ。
会社員を、作家の視点から、小説を使って読みとくという今までになかった内容になっている。
著者は、作家の伊井直行。
群像文学新人賞『草のかんむり』(この大傑作が入手困難である日本出版構造腐敗に呪いあれ!)、野間文芸新人賞受賞作『さして重要でない一日』、激流に分断された市をめぐる小説『濁った激流にかかる橋』、謎の生物レワニワをめぐる物語『ポケットの中のレワニワ』などの作者だ。
読んだことのない人は、読むといいです。おもしろい小説たちです。

さて。
なぜ会社員はガンダムなのか。ガンダムが会社員なのか。
それは、会社員小説のあり方をめぐって試行錯誤してくる中で発見される。
夏目漱石の作品が例として挙げられ、
“仕事や労働といったものを排除することで「純化」されており、その清浄な空間の内部で、登場人物どうしの人間関係の政治力学が発動されるのである”と指摘する。
近代小説においては、“会社勤めをする人間の労働については、無視することが暗黙のルールだった”
いわゆる「人間を描く」というなかでは、労働を描写することがノイズになってしまうのだ。
これを上手く解決しているのが村上春樹。失業した成年男性や、翻訳会社を成功させたという設定で生活費のことで頭を悩ませなくていい主人公を成立させている、という考察も興味深い。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年6月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。