review

もしも松井秀喜が阪神に、イチローが中日に入団していたら『プロ野球「もしも」読本』

もしも松井秀喜が阪神に、イチローが中日に入団していたら『プロ野球「もしも」読本』
『プロ野球「もしも」読本』(手束仁著/イースト・プレス)<br />「たら、れば」で語ることが禁句のプロ野球の世界について、「たら、れば」で語ってみた「空想野球本
2012年の最後に飛び込んできたビッグニュース「松井秀喜、引退」。
街頭でこのニュースへの感想を求められた人の多くが「膝の怪我さえなければもっとやれたハズなのに……」「今からでも阪神に入ってくれたら……」と、まだまだ活躍して欲しい願望を挙げていたのがなんとも印象的でした。
こんな話が出ると決まって話題になるのが、「そもそも、子どもの頃からファンだと公言していた阪神にドラフトで入っていたら……」といったプロ野球「もしも」シリーズ。

「もしもあの判定がセーフだったら……」
「あのバントが決まっていれば……」
「投手交代がもっと早ければ……」
「あのドラフトで指名順序が違ければ……」
野球は偶然性の高いスポーツであり、ドラフトやトレード、契約更改の妙など様々な人間ドラマが生まれやすいまさに「もしも」の宝庫です。ストーブリーグの今なら、「もしあの選手が活躍してくれたら……」「今年我がチームが優勝したら……」などなど、新シーズンに向けてたくさんの「もし……」で期待が膨らんでいる状況ではないでしょうか。

プロ野球ファンなら誰もが一度は考えたことがあるこんな「もしも」を一冊にまとめたを本『プロ野球「もしも」読本』が面白い!

例えば、冒頭でも挙げた《もし松井秀喜が阪神に入団していたら》
本書では、松井自身がどうなっていたか、に思いを巡らせるだけではなく、「新庄剛志がメジャーに行っていなかった」という仮説も導き出します。

あわせて読みたい

  • 江夏の21球は14球だった!? 二宮清純『プロ野球「衝撃の昭和史」』

    江夏の21球は14球だった!? 二宮清純『プロ野球「衝撃の昭和史」』

  • やればできる。この言葉ほど危険なものはない。野村克也の人生論

    やればできる。この言葉ほど危険なものはない。野村克也の人生論

  • イチロー、ヤンキースへ。電撃トレードの衝撃を読む

    イチロー、ヤンキースへ。電撃トレードの衝撃を読む

  • 驚きのドラフト指名予想。雑誌「野球太郎」がだいぶおかしい

    驚きのドラフト指名予想。雑誌「野球太郎」がだいぶおかしい

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2013年1月8日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース