review

こうすれば猫背が治る『50歳からのフルマラソン』

もはや冬の風物詩、「東京マラソン」開催まで残り1ヶ月を切った。
今年は定員2万9400人のフルマラソンに30万人を超える応募があり、倍率が過去最高の約10.3倍だったという。マラソン人気の高さがうかがえる。
出場する方はそろそろ追い込みの時期、そうでない方でも、周囲のマラソンブームの煽りを受け、今年こそは自分も走ってみようかな? とソワソワし始めた頃ではないだろうか。
道具も何もいらず、子どものころからやっている「走る」という行為だけに手軽に始められるジョギング。でも、そんな風にいきなり走り始めた人こそ、膝を痛めたり長い距離が走れなくて、結果、3日坊主になりがちだ。

「ほとんどの日本人は、ランニングの基本ができていない。だからケガも多くなる」

こう語るのは、ベストセラー『「体幹」ランニング』の著者であり、テレビやラジオのマラソン解説でも有名な金哲彦プロ・ランニングコーチ。今回、マラソン初心者向けの指南書『ウォーキングから始める 50歳からのフルマラソン』を上梓した金コーチに、マラソンを始めるにあたって気をつけるべき「基本の基本」を聞いた。


《ランニングをする=セロトニンが出る=幸せになれる》
 昨日、フルマラソンを走ってきたんですよ。だから、今日はちょっと腹筋が痛くて。
─── ん? 腹筋ですか? 足とか、膝じゃなく。
 はい。それこそ、この本をつくろうと思った理由のひとつでもあるんです。初心者ほど、膝や腰をケガしがちなんですが、正しい姿勢で走れば、使う身体の部位は「体幹」。つまり、腹筋や背筋、殿筋(お尻まわりの筋肉)といった大きな筋肉を使うことになります。腹筋が疲れるような走りが、一番いい走りですね。

この記事の画像

「こうすれば猫背が治る『50歳からのフルマラソン』」の画像1 「こうすれば猫背が治る『50歳からのフルマラソン』」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク